うまく話す2つのコツ


うまく話すコツ自分の考えを自分の言葉で相手にわかりやすく伝える。

ここさえ上手くなれれば少なくても敵は作らないだろうね。ほとんどの人の永遠の課題だと思います。

そこで今回はうまく話すコツを2つ紹介します。

今回紹介する2つのポイントを意識して日々の会話を楽しんください。気が付いたら人間関係においてかなり有利な立場に立っているでしょう。練習も必要だがやってみてください。

1. 話すスピード

うまく話す一つ目のコツは話すスピードを調整することです。

話すスピードには相手を誘導する力があります。退屈させることも、興味を引くことも、イライラさせることも、落ち着かせることも出来ます。

理想は相手の話すスピードに自分の話すスピードを合わせることです。

しかし、これは簡単ではありません。

まず、相手の話すスピードを把握して、自分の話すスピードを調整して話をしないといけません。普段なれていない話し方なので苦労します。

でも、安心してください。理想的な話すスピードというものがあります。標準値みたいなものです。

日本人の対話で最も聞き取りやすい、理解度が高い話すスピードは、1分間で約300文字を話せる内容だと言われている。

ある研究団体が調査した結果です。

ここまでの文字数は大体500文字です。なので、1分で300文字はリラックスして話す感覚です。相手にも聞き取りやすいので慌てる必要はありません。

スピーチの準備にもいい基準値になります。

例えば、3分のスピーチをする予定の場合は900文字の内容を準備すればいいです。一回話す適切なスピードを感触してしまえば次から同じテンポで話を進めていけばいいです。

2. 声のトーン

うまく話す二つ目のコツは声のトーンを調整することです。声の大きさですね。

子供を寝かしつけるための子守唄は声が小さいです。声の大きさを上げる下げることもなく同じリズムで歌えます。

赤ちゃんはすぐ寝ます。音の大きさやリズムが絶妙に絡み合った効果ですが会話が必要な大人には逆効果です。

自分の話を聞いてもらいたい相手が寝てしまえば困ります。

声の大きさを適時に変えましょう。同じトーンの話は退屈です。

理想は低いトーンで会話を始め、少しずつ盛り上げて行き最終的に声のトーンを大きくしてテンポよく話すことです。

場合によって、相手に考えてほしい時はトーンを低いところから始めて、上げた後、少しずつを声の大きさを下げて落ち着かせて終わらすのも効果的だと思います。

相手に話した内容を整理する、自分の頭で考える余裕を与えます。

声のトーンが効果的に使われる例は名曲です。どんな名曲には声のトーンを適時にあげたり下げたりする、テンポを速くしたり、ゆっくりさせたりするところがあります。

誰もが知っている次の曲をよく聞いてください。声のトーンの上げ下げが絶妙です。心に響きます。

また、注目してほしいキーワードや伝えたい言葉の時は少し区切りを入れて、相手に印象をつけることも大事です。

会話で覚えられるのは印象に残った言葉と場面のみです。それ以外は時間経つにつれて忘れられて行きます。

なので、どれだけ印象をつけることができるかが会話の成功につながる。

うまく話すコツは話すスピードを調整することと声のトーンを調整することです。

区切りをつけて印象に残すことも効果的です。

今回紹介したうまく話す2つのコツ以外にたくさんのコツがあります。コミュニケーションの達人で紹介しています。

コミュニケーションの達人達の共通点について書かれているので合わせて読んでみてください。役に立ちます。