脳科学マーケティング100の心理技術ダイレクト出版で一番売れている本です。

 

⇒ 脳科学マーケティング100の心理技術

 

目が色々と開きます。読む前と後で、脳の構造が変わったような感じになります 🙂

 

店の人の対応、態度が面白く感じられるようになる。

 

脳を研究するニューロサイエンスという分野がある。

さらに、ニューロサイエンスで得られた知識を元に脳の働きをマーケティング、

集客、商品開発に活用しようとするニューロメーケティングという研究分野もある。

 

つまり、賢いマーケティングは自分たちの脳を使うだけではなく、

お客さんの脳を使うことでもあります。

 

脳科学マーケティング100の心理技術では、

お客さんの心理を使い、ビジネス成長を遂げる100の方法を紹介しています。

 

例えば、情報は提示のされ方によって解釈が異なります。

フレーミング効果とも言われている現象です。

 

全く同じ意味合いを表すが表現の仕方で相手の受け取り方が異なってきます。

「10%」と「10分の1」。

 

実質的に同じことを示しているが、見た人は異なる反応を見せる。

100に対する値か、10に対する値かで受ける印象が異なる。

 

少ない数字を期待していれば、大きい値に対する値が小さければ好むわけです。

上の例で言えば、10%の方が選びやすくなるということです。

 

このように、伝え方だけで、同じ数字が違う印象で受け取られることがあり得る。

賢いマーケーターはお客さんのここんところを見ている。

 

ここが成功の鍵だったりする。

 

⇒ 脳科学マーケティング100の心理技術

 

脳科学マーケティング100の心理技術では、

このようなここのところを100つ紹介している本です。

読んでみることをお勧めします。

 

特に商売をしている人には差がつくアイテムです。

お客さんの心を動かし、行動させるコツが分かるので

上手く活用すれば商品がバンバン売れる。

 

買う方も本当にいいものなのか、宣伝がうまいだけのものか、

ある程度区別が出来るようになると思います。

 

下記のサイトから買い求めできます。

 

⇒ 脳科学マーケティング100の心理技術