ベートーベンも実施した、なりたい自分になる方法


なりたい自分になる。

これは誰もが目指すところです。

 

なりたい自分になっていますか。なりたい自分になりたいですか。

 

思い付きですが、人はなりたい自分に簡単になれると思うんですよ。

目指して動いていれば。

その参考になると思いますが、理想な自分になれる、ものすごい簡単な方法があります。

 

結局、行動力、継続力の話になりますが、その前にどんな人になりたいか考えるという段取りがあります。

 

ここは欲張るところです。

派手な自分を想像してみてください。あるいは、頭のキレが誰よりも鋭い賢い人になっていると想像してみてください。

あるいは、健康的で誰しも羨ましがる理想な肉体を手に入れたと思ってください。

小さい時から憧れた歌手のように美しい声で皆を魅了している自分を思い浮かべてみてください。

欲張りましょう。

 

ただ、欲張ると言っても妄想だけの理想はやめてください。

現実的で、具体的であるべきです。

 

例えば、この人のようになりたいと思える有名人がいればどうでしょうか。有名人ではなくても、自分の身近な存在でもいいです。

その人の行動が見えます、必要に応じて真似もできます。

やることが具体的になります。

 

そして、その人がそのようになるまで何をしたか観察できます。調べられます。

こうすれば、自分がなりたい自分になるためにするべき事が明確になります。

 

もし、迷いがあればその人のどこがいいのか、一回考えてみれば自分が参考にしたい所が明確にならります。

 

よいよい行動です。

 

憧れの人がやって来たことを今度、自分が実施する番です。

 

同じ人間が同じくらいの熱意で同じくらい行動すれば同じくらいになる。

 

生まれ持った才能もあるかもしれませんが、よっぽど天下一の存在でない限り行動をフォーローしていればだいたい同じようになる。

当たり前の話です。

 

非常に簡単ですが、なりたい自分になる段取りはこれくらいシンプルです。

 

そこに参考にしたい人がいれば真似してでも同じくらいに行動すれば同じくらいになれる。

 

もう憧れの自分ですよ。

 

ベートーベンは町中を歩く途中で誰かがモーツァルトの曲を弾いているのを聞いて、自分がやりたいことが分かったというエピソードがある。

 

そして、彼はモーツァルトを目指して行動した。丸パクリもあったかもしれない。

 

結果、彼は成功した。

ベートーベンを知らなければ恥を感じるくらいの存在になっている。

 

結局、なりたい自分になる人、なれない人には一つの明確な差があります。

それは行動するかしないかの違いです。

 

チャンスが目の前に転がっていてもほとんどの人は行動しないがために成功という結果を得ることができません。

ほしがりながらも、手の届くところにあるのに、手を伸ばさないのと同じです。

手を伸ばして、なりたい自分なろう、手に入れたい現実をゲットしよう。

 

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です