やればできる(勇気を与えるブラックマンバーの成功実話)


やれば出来るやればできる。やれば、どんな人も、何でも出来る。

やらなければ出来ない。どんな人も、何でも出来ない。

 

カッコイイ飾りがない、わかりやすくて、当てのある言葉です。

メンタリズムラーニング・メルマガ

 

やればできる。

 

残念ながら、ほとんどの人が分かっているだけで終わってしまう。

 

やろうともしないのに、上手くいかないことに文句を言って過ごしている。

あるいは、やり続けようともせず、諦めるくせに、上手くいかないことに文句を言って過ごしている。

 

自分も含めて、そんな人に勇気を与える成功実話があります。

この成功実話を聞いて嫉妬心を抱く人もいるかも知れません。号泣する人もいるかも知れません。

すぐ立ち上がってやりだす人もいるかも知れません。

 

では、勇気を与えるブラックマンバー(Black Mamba)の成功実話を聞いてください。

 

あれ、成功の話にブラックマンバーって何のことか?話がおかしいな展開になったぞ、と疑問に思ったでしょう。

 

解説させてください。

 

 

今回のブラックマンバーは、ヘビのことではありません。

アメリカのプロバスケリーグNBAのスーパースター、コービー・ブライアントのニックネームです。

彼をバスケファン達がブラックマンバーと呼んでいる。

 

ゲーム終盤での彼のアグレシッブなプレーが相手のチームを一瞬で仕留めることからこのようなあだ名がつけられました。

 

そのコービー・ブライアントがアカデミー賞を受賞しました。

コービー・ブライアントがオスカー受賞者ですよ。笑

先日行われた第90回目のアカデミー賞授賞式で彼が監督したDear Basketballというアニメが短編アニメ部門で選ばれました。(記事最後にオスカーアニメを貼り付けています)

信じられませんでした。

 

元プロバスケ選手でオスカー受賞者なんて事例はありません。

おそらく、元プロスポーツ選手が受賞したのは、彼が初めてでしょう。

バスケ選手がアカデミー賞受賞ですよ。

 

やれば、誰が何でも出来る。

 

僕、コービー・ブライアントをルーキー時代から知っている。18歳からNBA入りだから、あどげなさがある少年でした。そして、周りのスーパースターたちに見習ってどんどん成長します。

素晴らしいプロ選手になりましたね。

彼のプレーを真似しながら、応援しながらバスケ選手時代を過ごしたので彼のオスカー受賞でちょっとウルっとしてしまいましたね。笑

 

素晴らしいです。

 

 

もう引退して、ナイキーのアンバサダーとして活躍していた彼が裏でそんな活動していたとは。笑

驚きましたね。

 

素晴らしいチャレンジ精神です。

 

自分から積極的に行動を起こさなかったらアカデミー賞という素晴らしい勲章は手に入らないからね。

 

素晴らしい行動力です。

 

 

彼が、今回の受賞について次のように言葉を述べている。

 

僕は、バスケを引退して何をしたらいいのか、第二の人生をどのように歩めばいいのかすごく迷った。

でも、僕の考え方の根底にあるのは、成長したい気持ち、つき進めたい気持ち、野心を持ちたい気持ちなので意外と簡単に次の道を歩められた。

その一つが今回制作したアニメです。

 

彼のインタビューを沢山聞いているが、彼らしい正直な言葉です。

 

やっぱり、チャレンジ精神はなくてはならないです。

行動を止めちゃいけないです。

 

常に突き進んでいれば、視野が広がるし、色んなチャンスが見えるようになる。

コービー・ブライアントみたいに自分から自分の可能性を広げられる。

 

結局、成功はそういうもんだと思います。

自分で作り出すものです。

 

自分の可能性を押し殺さず、自分の能力を開花させて行くのは自分だけです。

 

やっぱり、やれば出来る、やらなければ出来ない。

 

ブラックマンバーに証明して頂いた気がします。

 

元バスケ選手がアカデミー賞を受賞している。しかも、引退からわずか2年で、全く別の道を歩みだしてからです。

僕は、多くのスター選手の引退後のストーリーを調べたことがある。

ある選手は活躍の場を求めて、レベルの低い海外リーグでプレーする。

ある人は、有り余ったお金の使い道に困ってギャンブルの道を行ってしまう人もいる。

酒やドラッグに飲まれて、どん底に沈む人もいる。

ファストフード店でアルバイトをする人もいる。

お金があっても、その正しい使い道を自分で見つけなければならない。

やっぱり、自分から行動を起こして、自分の道を切り開かなければならない。

 

成功は、行動する人、進化し続ける人のところにくるんです。

諦める人は、そこで終わりです。

 

そこか変な時点で終わりたくないですよね。

突き進んで行きましょう。

 

最後に、コービー・ブライアントのコメントを思い出してください。

 

僕は、バスケを引退して何をしたらいいのか、第二の人生をどのように歩めばいいのかすごく迷った。

でも、僕の考え方の根底にあるのは、成長したい気持ち、つき進めたい気持ち、野心を持ちたい気持ちなので意外と簡単に次の道を進められた。

 

では、Dear Basketballどうぞ

※Thanks [Maxx] youtube channel for sharing the oscar movie “Dear Basketball”.


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です