アンビバレンスを活用して、人間関係を充実させる方法


アンビバレンス,アンビバレンス心理アンビバレンスと聞いたことありますか。アンビバレンス心理とも言われているものです。

我々人間がもつかなり変わった心理です。

 

実は、アンビバレンス心理を活用すれば人間関係においてかなり有利な立場に立つことができる。

 

アンビバレンスとはどのような心理状態なのか、アンビバレンスをどのように活用すれば人間関係においてリードできるのか具体的に紹介します。

 

wikipediaでは、アンビバレンスは次のように定義されている。

アンビバレンス(ambivalence)とは、ある対象に対して、相反する感情を同時に持ったり、相反する態度を同時に示すこと。「両価感情」や「両面価値」などと翻訳されることもあるが、そのまま「アンビバレンス」と表現するのが一般的。

 

簡単に言えば、アンビバレンスとは好きだけど嫌いもある、愛情あるが憎しみもある、食べたけど食べたくない、行きたいけど行きたくないなど相反する感情が両立する複雑な心理状態を指している。

非常にややこしいです。

もうちょっと深堀しましょう。

 

人間は2面性を持ち合わせています。表に見せる自分と隠している自分の2つです。

 

例えば、仕事や学校など大勢がいるところでは明るく振る舞うが家では凄く控えめの人、休日は外に出ないで家に引きこもる人がいる。

 

逆に大勢の中では口数が少なく、人とあまり積極的に話したりしない、声をかけにくそうな人は実は身内の人だったり仲のいい友達と一緒にいる時は明るく振る舞う人がいる。

 

そのような人と会ったこと有りませんか。

 

二重人格など言われて世間にはあまりいい印象を持たないが社会に出て周りに自分を合わせて色んな人と接していく必要があるので2面性は無くてはならないものでもある。

 

では、アンビバレンスアンビバレンス心理をどのように利用して人の心に触れるのか。

 

人の表に出す自分は自分が理想だとする自分像に近づける為に多少修正をかけた存在である場合がほとんどです。

簡単に言えば、理想な自分を演じているわけです。

 

なので人に見せたくない、自分にしか分からない自分は本当の自分だと認識している。

 

そして、表に見せる自分は本当の自分じゃないと認識するのでどこか不満を感じている。

 

例えば、人といる時は明るく振る舞っているが本当は自分明るくないと思っている人に対して「貴方は凄く明るくて憧れますよ」と褒めると「実は明るくないのにな」と自分を攻めたり、居心地が悪くなったりする。

 

そこでアンビバレンス心理を活用して、あえて表に見せている面の逆を褒めれば相手の心に響き易くなる。

 

例えば、表には暗くして声かけにくそうな人に対して次のように言えば、気分良くなり、言う事を聞いてくれる可能性が高まります。

貴方は信頼関係を持てば明るくて、話し易い人でしょう。

 

少なくても、こんな言葉を聞いて意心地が良くなる。

この人は本当の自分の事を見てくれている、他の人が指摘しない事を言ってくれたと感動を覚えるので信頼できる人だと思ってくれる。

 

面白いのは本当に明るくない人に対して使っても効果的です。

 

例えば、もともと家でも外でも同じように暗くしている人に対して、次のように言葉をかけてあげれば相手にとって嫌みを感じる言葉じゃないので「本当は自分には明るい面もある、このように見てくれる人もいるから少しずつ明るくしてみよう」と思えるようになることもあり得る。

実はあなたはこんな人じゃない、性格が合う人がまだ現れていない、きっかけが欲しいだけだ。

 

このように、相手をさりげない一言でいい方向に導くこともあり得る。

 

などアンビバレンスを活用すれば人間関係を改善するだけではなく人を救ってあげることもできる。

本能ちょっとの気配り、さりげない一言です。

是非、アンビバレンスを意識して人間関係を充実させてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です