相手がイエスマンになる魔法の距離


イエスと言わせる方法,イエスと言わせる

頼み事はできればイエスと言ってもらえたいものです。

 

でもイエスと言わせるのは簡単なことではありません。ノーが返ってくる割合の方が多い。

 

そこで、今回は、頼み事に対して相手がイエスと言ってしまう簡単な方法を紹介します。

感情に触れる方法なので効果があります。

 

その方法をズバリ言います。

 

相手との距離を近くして頼みをすることです。

 

相手にできるだけ体を寄せて熱心に頼めば相手が断りづらくなり、頼みを受け入れてくれる。

 

それを証明した実験がある。

ボランティア活動を要求する時にどのように頼めば効果があるのか調べた実験です。

 

その結果、ボランティアを依頼する時に近い距離で頼む方が遠い距離から頼むより活動に協力してくれる事が分かっている。

 

しかも、この実験で一番効果がある距離も具体的に出している。

それは相手より40センチ前後の距離です。

 

40センチがイエスとノーのギリギリのラインということです。

 

それより近くなれば不自然で相手のパーソナルスペースに近づくので逆に断られてしまう。

それより遠くなれば事の重大さが相手に伝わらなくなっていくのでノーが返ってくる可能性が高くなる。

 

いくら熱心に頼んでも距離が遠ければ効果がないということです。

アメリカの警官は仕事をやりやすくする裏技的なことが書かれたマニュアルを渡されるそうです。

 

そのマニュアルには被疑者を取り調べする時にできるだけ近くに座った方が相手の心を緩める効果があると事細かく書かれているそうです。

読んでみたいマニュアルです。

 

本当の話であれば説得力抜群な例です。

 

このように、相手にイエスと言わせる、思い通りに行動してもらうには相手との距離が大事です。

では、なぜ相手に近い方が効果があるのか。その理由は2つある。

 

アンビバレンスと衝撃の2つです。

どういうことか。

 

アンビバレンス

人には、パーソナルスペースというものがある。

それより、近づくなると不快な感じになり、それより遠くになれば近づいて欲しい気持ちが働く。

そして、パーソナルスペースにギリギリのラインまで近づいて欲しいという感情も併せ持っている。

 

拒否するが拒否しないと言う複雑な心境はアンビバレンスです。

そして、適切な近い距離になれば親しみがわき気持ちが打ち解けてきます。こうなれば、相手の頼みを簡単に断れなくなるのです。

 

衝撃

人は自分のパーソナルスペースに他人が滅多に入らないだろうと油断している。

 

なぜなら、相手にもパーソナルスペースがあり、潜在意識的に相手のパーソナルスペースに入ってはいけないという常識を持っているからです。

そこにいきなり近寄られたら大概の人はびっくりして、冷静さを失う。

 

衝撃を受けるわけです。

 

冷静さを失った状態では相手のいいなりになってしまう傾向があるので頼みを受け入れてしまうのです。

 

今日の内容を簡単にまとめると、頼み事は近い距離からすれば相手が断りづらくなる。

 

近すぎてもダメ、遠すぎてもダメ。

 

イエスとノーの境目は相手から40センチの距離です。

 

相手がイエスと言ってしまうにはアンビバレンス心理と想定外の近づく行為による驚きが影響している。

相手に意図的にイエスと言わせるのも賢いメンタリズムです。

 

説得力について下記の記事も合わせて読んでみてください。

 

もっとも説得力のある3つの言葉

一番効果的な説得方法

 

相手にイエスと言わせるように説得する方法を紹介しています。