話題のジョギング効果で心が強くなる訳とは


ジョギング効果ジョギング効果で心が強くなる。

誰でもできるジョギングですが、メンタルを強くする効果があると注目されています。

 

何をやっても三日坊主。

スタートはばっちりだったが粘り強く続けられない。挫折しやすい。

なかなか決断出来ない。決められない。

 

対人関係においても自分の主張や考えを言えない。

気に入った人がいても自分の気持ちを勇気を持って伝えられない。人前に立つと緊張して頭が真っ白になる。

すぐ怒ってしまう。すぐ泣いてしまう。

 

など心の弱さに不満を抱く人は沢山います。

そのような人にも、アンビバレンスな考え方があるので精神力を鍛える効果的な方法があれば試してみたいと思っているに違えない。

 

そこで、おすすめするのがジョギングです。

ジョギング効果で心が強くなる。

 

ジョギングは、誰でもできるのでここで話上がっているが、実はジョギング、ウオーキング、ランニング、ヨガの呼吸体操、ダンスなどリズム性のある運動には精神状態を安定させる効果があるとされている。

 

その理由は、脳内のセロトニンという物質にあるそうです。

 

感情をコントロールし、精神を安定させる働きがあるセロトニンはリズム性のある運動によって刺激されると活性化されます。

そして、セロトニンの活性が感情や衝動、意欲、集中力をつかさどる脳の前頭前野というところの活性化を促し、その結果、精神状態が安定することが証明されている。

 

一方、セロトニンが不足すると精神のバランスが崩れ、心の落ち着きが失われます。

心の落ち着きが失われてしまえば、ストレスに弱くなったり、短気で暴力的になったり、うつ病が発症しやすくなったり、緊張しがちになったりする。

ジョギングをすると心が強くなるという意図はここです。

 

言うまでも無いがそもそも心と体には、強い関係性があります。

連動しています。

 

心が十分満たされていないと体が衰弱しやすくなる。

睡眠不足になったり、食欲をなくし十分栄養を取らなければその影響はすぐ体に及びます。体が衰弱すると当然ながら体の循環が悪くなり身体的な不調だけではなく精神的な不調にもつながってしまう。

それが不注意、不集中などとなって現れる。

 

健康状態を保ちたいなら、心と体の両方を健全な状態に状態に維持することが大事です。

健全な精神は、健全な肉体を宿す。メンタルを強くするには体を鍛えることが大事なんです。

 

自己管理がうまい人は素晴らしいメンタリストです。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です