今流行りのニューロマーケティングとは、流行る理由、活用方法


ニューロマーケティングニューロマーケティングはご存知でしょうか。確かに流行っています。

 

その効果を知ったビジネスオーナーたちがあらゆる分野で活用するようになってきた実感はあります。

それに遅れをとってはいけません。

ニューロマーケティングを意識して主導権を握るべきです。

 

では、ニューロマーケティングとは何なのか簡単に紹介します。

これを知る事でビジネスマンとしての頭脳と消費者としての頭脳の両方が鍛えられると思います。

ビジネスマンとしての頭脳と消費者としての頭脳の両方です。

 

ニューロマーケティングは、学問的なマーケティングと違って人の脳の働きを理解し、その知識を活用したマーケティングのことです。

心理学をマーケティングに絶妙に応用したマーケティングという説明で、分かりやすいかな。

 

その特徴は人の無意識に注目することで、相手の決断を促したら、速めたり、ひきつけたりできます。

なので、ビジネスマンとして活用すればかなりの効果が期待できる。

 

その理由は、私たちの思考、感情、学習の95%は無意識に行われると言われているところです。

99.9%が無意識な行動という研究家もいる。

 

数字は置いておきますが、僕たちはかなりの頻度で自覚しない行動をしてしまうことは間違いないです。

入念に考えて行動しているよ、というしっかり者も同じです。

 

実際、朝起きて歯を磨き服を着て会社に行く、、といった行動を必死に考える人はいないでしょう。

ご飯を食べる時も、右手でスプーン持って、ご飯を入れて、ひじを70度の角度で上げて口まで運ぼう、スプーンご飯が来るぞ、そろそろ口を開けないと遅れて顔にぶつけてしまう、という人もいないでしょう。

我々の一番基本動作、歩く、走るも同じ無意識です。

よし右、よし左、よし右、よし左、と考えながら歩かないですよね。

しかも、これらの基本動作は全て無意識にできるように出来ています。

つまり、好むと好まざるとにかかわらず人の行動の90何%は無意識のうちに決定されている。

 

そして、その無意識の部分に注目して働きかけるのは、ニューロマーケティングです。

気がついたら買っているということですよ。笑

通常のマーケティングは意識の5%にアプローチをかけるのに対してニューロマーケティングは95%にアプローチをかけるのでチャンスが圧倒的に広がる。

これに気づいた人が真面目になってニューロマーケティングを取り入れている訳です。

話をちょっと具体化したいので、あるレストランのメニューからクイズを出します。

 

次の3つの料金表示のうち、一番多く注文が取れたのはどれでしょうか。

(1) ¥記号をつけた数字で表示:¥1,200

(2) ¥記号をつけない数字表示:1200

(3) 文字で説明:千二百円

 

ちょっと考えてみてください。














時間です。

 

何番だと思いましたか。

その理由は?

 

正解は(2)です。

(2) ¥記号をつけない数字表示:1200

 

もし、あなたは正解したなら脳科学、心理学の視点で物事を比較できる数少ない人の一人の可能性があります。

もう、立派なマーケータです。

 

不正解だったのであっても、落ち込むことはありません。

なぜなら、正解者の中でも(2)が一番多く注文がとれる理由を説明できる人はほとんどいないと思います。

 

ではなぜ(2)が一番注文がとれるのでしょうか。

 

理由は非常に単純です。

 

実は人の心理として、お金は自分の安全性を確保する強力なツールという認識があるので支払いはあまり好まない。

誰かに何か買ってあげたいと本気で思うか、自分に思いっきりご褒美がしたいと思っていること以外は払いたくないし、出来れば安いのにする。

¥マークがつくとお金以外頭に浮かばないので、拒否反応を示す訳です。

 

 

皆も知っている、Japanetもニューロマーケティングを大活用しています。

あのショップは値段の設定をキリのいい数字にしない。

 

例えば、5000円じゃなく、4980円にする。

50000円じゃなく49800円、20000円じゃなく19800円にする。

キリのいい数字は相対的に上限値だと認識されるから無意識に高いと思い込むわけです。人のこの心理を知り、キリの悪い数字の値段で人を惹きつけている。

確かに98円と100円はたったの1円の差ですが買う立場からすれば99円の方が魅力的に映る。そして、1円けちったりする。笑

日本にはみられないが、99.9ドルと100ドルの99.9ドルの方が多く売れる理由が十分見つけられる。

しかも、一番売りたい商品の近くに同類のものをわざとキリのいい数字の値段にして配置する。人がどっちを買うか明らかです。

 

 

スーパーのレジ回りでも、ニューロマーケティングが活用されている。

観察した人あると思うが、レジの近くにお菓子がやたらと多い。子供が欲しいと言って親が困っている光景は1回は見たことあるでしょう。

10秒も甘いお菓子を目にすればそれは食べたくなる。子供は悪くない。自然な反応だから。笑

可愛い子供が食べたいと言ったら強烈に反対する人さほどいないでしょう。

ただ、お菓子は沢山食べると良くない事情を知っている親は選択に困るわけです。親も悪くない。

悪いのはと言ったらおかしいですが、店のマーケータはその事情をよく知っているから売り上げをあげるために賢い戦略打つわけですよ。

ニューロマーケティングです。

 

 

など、価格が脳に与える影響や男性脳、女性脳、子供脳に対するマーケティング、ケチな人の心理、ケチな人にお金を使わせる方法など脳科学、心理学、マーケティングが上手く絡み合った真新しいマーケティングはニューロマーケティングです。

 

もっと詳しい知りたいと思ったらニューロマーケティングの第一人者が書いた脳科学マーケティング100の心理技術を読んでください。

 

心理学を商売に活かせればどれだけ成功に近づけるか分かります。

買う、売る心理が分かります。

消費者視点からもいい参考になる本です。買い物がずる賢くなります。笑

 

500ページもある分厚い本ですが、話が面白いので気がついたら読み終わっているでしょう。

今日の記事について思ったことがあれば是非コメントお願いします。話しましょう。

 

ニューロマーケティング、賢い心理術について詳しく知りたければ脳科学マーケティング100の心理技術を読んでみてください。

 

 

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です