短い人生の行方を決める2種類のビリーフ


ビリーフビリーフ。

BELIEF。

 

1日に1回は使いたいカッコいい単語です。BELIE~Fって。笑

 

でも、その意味を考えれば、ビリーフという単語の力がさらに増す。

 

自分が真実だと思っていることがすべて自分にとってビリーフです。

それが思い込みでも、間違った思考でも我々には関係ない。信念を曲げないで貫くだけです。

もちろん、気づきや、理解で信念は変わるがあくまでも自発的でなければビリーフは変わらない。

 

このビリーフで我々の短い人生が決まっている。

我々の出会い、我々の人間関係、我々の行動、発言、我々の収入、支出。そして、この次の瞬間から始まる我々の将来。

全てがビリーフによって右か左か、決められている。

 

そのビリーフは、捉え方と直接つながる。

言葉のグレード一段下げれば、ビリーフは思い込みです。

 

思い込みの力は大きい。思い込みの強さを実験で証明した、プラシーボ効果は有名です。

合わせて読んでいただければ深くうなずくと思います。

 

つまり、我々の姿勢は思い込みによって決まっていると言える。

 

次のような場面を想像してみてください。

 

人は、人に叱られる。

ある人は、自分の為に叱ってくれたと感謝します。そして、素直に受け止めて、今後の行動に活かそう。

こんな捉え方をする人は、前向きなビリーバーです。

こんな人は状況を自分のために思い込む。

 

 

一方、同じ場面で次のような捉え方をする人もいる。

この人は、私に反対しているから叱っているに違いない。言われてしまったから言い返さなと負けたことになる。嫌だ。

あるいは、私はもうダメだ、叱られるほど無能なんだ、と落ち込む人もいる。

後ろ向きなビリーバーです。

こんな人は、状況を自分のためにならないように思い込む。

 

 

 

物を購入する姿勢でも、ビリーフによって態度が変わる。

 

例えば、買い物中に店員さんが来て商品を勧める場面。

 

この場面で、ある人は店員さんを嫌がる。

この店員さんは、自分に売り込むためにやって来て、嘘の宣伝して私を騙そうとしている。

従うもんか、距離を置かなきゃ、とガードを固める。

 

一方、ある人は、店員さんを歓迎する。

この店員さんは、自分が商品選びに迷っているのを救うためにやって来た人だ。

色々聞いて、正しい選択しなきゃ、と積極的になる。

前向きに捉える。

 

 

さて、ここで一つ考えてみてください。

 

この2種類のビリーバーの言動でどんな差が生じるだろうか。

 

 

前向きなビリーバーは、自分のとった言動に対して、意味を見出している。

 

こんな発言してよかった、これをやってよかったと自分の行動に対してもっと積極的になる。

これによって、モチベーションが上がり、集中力が増すだけではなく、行動力につながり、さらに自信にも繋がる。

 

ここで一番受け止めて欲しいのは、自分はできるんだという気持ちを維持できることです。

前向きにビリーフをすることで出来る自分が想像しやすくなる。

これは理想的な流れです。

 

 

では、後ろ向きなビリーバーは、どうでしょうか。

 

後ろ向きなビリーバーは、自分のとった行動に対して、意味を見出せない。

出来ない自分の存在に集中し、脳の働きをその経路で固めてしまう。

 

こんなことを言わなければよかった、こんな行動しなければよかったと自分を枠に閉じ込める。

自分の言動に対して、おびえる毎日が始まるんです。

相手に対しても、後ろ向けに捉えてしまい、信じる心を失い兼ねない。

 

これが悩み事や心配事のタネになって、ずっと付きまとうことになる。

 

こんな状況は危ない。

自分に自信がない、相手に対して信用がない人間を想像してみてください。

モンスターですよ。

 

前向きなビリーバー、後ろ向きなビリーバーのどっちが貴方の生き様か今すぐ決めてください。

 

そこから、この次の瞬間から、それが判断材料、評価基準、価値観になっていきます。

貴方の行動を決めていきます。

 

モンスターとして、生きていくのか、それとも、自分のヒーロとして明るいビリーバーとして生きていくのか決めてください。

 

僕がお勧めするのは、もちろん前向きなビリーバーです。

二種類のビリーフとは、前向きなビリーフと後ろ向きなビリーフです。

僕がおすすめするのは、もちろん前向きなビリーフです。

 

自分が決めたことに自信を持ちましょう。力強く実行しましょう。必要があれば必死に守りましょう。

それが力になるから、失敗したとしても悔いはない。

 

今日は思ったことが言えた。

スッキリしました。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です