ピア効果で自分の力を倍増させてください


ピア効果

ピア効果について話をします。

 

 

まず、上の写真のレースを思い出してみてください。

日本が素晴らしい走りを見せつけて、無理とまで言われていた短距離走で五輪の銀メダルに輝いたレースです。

日本中が湧いたイベントになったことは間違いないはずです。

 

 

 

この4人は確かに強かった。本人たちの努力を結果につながった瞬間です。

 

でも、一つ余計なことを考えてみてください。

 

これが五輪ではなく、ある小さいレースだったとしたら結果はどうだっただろうか。

ライバルがボルトみたいな大物ではなく、普通の大学生だったら結果はどうだっただろうか。

 

もちろん、誰にも想像出来ないことではあるが、少なくても五輪という最高の舞台で、世界トップたちをライバルにして走ったそのレースよりは盛り上がりが小さかったことは確かです。

気分の盛り上がりは、パフォーマンスに直接影響を与えるのでおそらく五輪の素晴らしい成績は出せなかっただろう。

僕はそう思います。

 

これは、今回の話、ピア効果につながります。

 

ピア効果とは、周りから影響を受け、行動力が増し、力を発揮することです。

 

 

五輪の日本チームの活躍もそうですし、あるいは、成績のいい同僚の影響を受けて成績をあげるためにより真剣に努力するようになる学生とか。

お金持ちの知人に影響を受けてもっと稼げるようになりたいとお金稼ぎを勉強する若者とか。

レギュラーでプレーするチームメートに影響を受け、せめて試合に出られるようになりたいと練習量を増やす二流の選手とか。

モテる友人に影響を受けて、自分もモテるようになりたいと外見に気をつかい、内面に磨きを加え努力する女性とか。

料理上手なモコミチに影響を受けて、料理教室に通う中年男性とか。

お互いに刺激しあい、より多くの本を読むように、より上手に表現するように努める、大学の読書クラブとか。

 

皆、周りから影響を受けて行動に乗り出している。

自分もそのようになりたいと純粋に努力している。

気持ちが熱くなり、真剣に取り組んでいる。

自分の本来の力を十分発揮できている。

 

これらは全て、頑張る気持ちにさせるピア効果の仕業です。

 

言葉を変えれば、競争心ですね。

 

他人ができることは自分もできるはずという自尊心、他人ができるのに自分はなぜできないのかという疑問と悔し気持ちが人を動かす原動力になる。

 

しかも、すべての力がプラスエネルギーで溢れているので嫉妬とはわけが違います。

より強力です。

 

では、ピア効果が強力である理由は何だと思いますか。著者の私は、次の4つの理由が大きいと思います。

 

1. 将来図が明確になる

まず、努力した結果で出来上がる自分の将来図が明らかになる。

もっと頑張れば、こんな素晴らしい人になるという具体的なイメージがあるので行動にも意欲がわき、より真剣に取り組む。

 

隣にいる人がどんどん結果を出し始めたら僕も結果出したいという気持ちになりませんか。

この人のようになりたいと憧れの気持を抱きませんか。

そして、行動に移しませんか。

 

結果が見えない努力は無駄です。

ある程度、掴めるものがあれば行動はしやすくなる。

 

2. 努力の仕方が明確になる

隣に成功をした人がいれば、その人の行動を真似しやすいです。

こういうことをこのようにやれば、だいたいこの位のレベルまで自分を高められることが想定できる。

これができれば、力配分もコントロールできるし、より効率的に取り組めるはずです。

精神的に楽に取り組める。

 

もちろん、何が何でもという熱い気持ちで一気に行くのもいいことですが、時には自分を取り巻く環境を十分把握した上で、冷静に挑むことも大事です。

計画的に進めばむしろ冷静にゆっくり行った方が賢い。

 

3. 行動力が継続する

自分の身近に刺激を与える人が常にいれば、気を緩めることなく継続して行動ができる。

自然と成長できる環境が整っているわけですから、これは大きいです。

すでに緊張感を持って行動ができるので、効率だけではなく質も上がるはずです。

集中力も上がるはずです。特に集中力が続かないという人は、自分が頑張れる頑張れる環境を整えてから行動すれば集中力は維持しやすくなる。

 

継続は力なりです。

 

その継続を継続させる一つの動機はピア効果だったりする。

 

4. 欲望、期待

この人を上回ったら、ちょっといい未来が待っているかもしれないという期待感と欲望も考えられます。

その欲望が強ければ強いほど行動に威力が出ます。決意が強ければ強いほど行動力が繋げられやすくなる。

目標も明確になるので、無駄な動きを省き、効率的に動ける。これが結果に繋がり、さらなる期待が膨らみ、力の原動力になる。

こんなサイクルを自分の身に叩き込めば、怖いもの無しです。

 

 

など、ピア効果の強さは凄まじい訳です。

 

 

競争相手がいた方がパフォーマンスがいいに決まっている。

競争相手がいた方が基準もはっきりするから力が出しやすくなる。

自分の本来の能力を発揮しやすくなる。

 

より強い相手を求めた方が実は自分のためになる。

 

 

でも、ちょっと待ってください。

ここで注意しないといけないこともある。

 

相手が強すぎてもダメです。

 

相手が強すぎれば、正のピア効果では負のピア効果になるので注意してください。

 

その訳は、自分の弱いところに意識が偏ってしまうから逆に自信を失う恐れがある。

 

強い相手とやりたいんだと、いつも負けてみてください。

どうなると思いますか。

 

自分が強い相手に負けました、といつも言えますか。

いつか勝ちたいと思いませんか。

 

誰もが思うはずです。

 

負け続ければ、勝てない自分を許してしまうから、今度向き、不向きを考え出す訳です。

 

負けてばかり、やっぱり自分には向いてないと意欲を失ってしまう可能性がある。

迷いも出ます。

 

スポーツ選手の引退の一番の原因は、負けるようになったことだと思います。

自分が勝ち続けることによって若い選手が出てこないとカッコいいこと言っていても、こんな人は滅多にいない。

勝率が下がれば、気持ちが乗らなくなり、引退を考えるのは自然です。

 

逆に50歳になっても、現役を続行する選手もいます。

KINGカズがすぐ頭に浮かぶと思いますが、彼は現役を続行しても最年長ゴール記録を更新しつづけられているし、若者に負けないくらい走り回れているし、自分の行動で影響力を拡大させているから現役にここまでこだわると思うんです。

 

KINGカズの場合は、ケースがちょっと違って、周りに影響を与えられている自分の存在にピア効果を感じているかもしれない。

自分が現役を続けて、結果を出し続けられていることが若い選手にいい刺激を与えていることは彼がよく知っていると思います。

自分ができるという、小さい成功体験が彼のモチベーションを維持させていることも間違いないが、このような広い心が彼の原動力になっていることも間違いないです。

モチベーション維持ができなくなれば彼は引退する。

 

 

まとめに入るが、ピア効果は、人を行動しやすいようにする周りの影響のことです。

 

周りに参考になる人がいれば人は成長しやすくなる。

メンタの存在だったり、礼儀正しい友達の存在だったり、頼りになる父の存在だったり、優しい友人の存在だったり。

実は、我々は色んな人から強力な影響を受けて自分の行動を決定づけている。

 

なので、付き合う人も選ぶべきです。

自分を後ろに引っ張る人から距離を置いた方がいいです。

 

その逆に、自分にいい影響を与えたり、明るい気持ちにさせたりする人に積極的に近づいた方がいいです。

自分一人で黙々と行動するのもいいですが、モチベーション維持させやすくする人の存在も大きい。

 

成功体験は人に必要。

それがいくら小さくても構わない。わずか感じられるくらいであれば十分。

その気持を味わうために、たまには自分の方が力が上という体験した方がいいです。

 

色々くっ付けて結論という感じにしたが、自分の周りのピア効果に意識を集中させてみてください。

いいことあるかもしれません。

 

これも自分を突き動かす方法なのでメンタリズムとみなしていいと思います。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です