プライドが高い人の7つの特徴


プライド高い人プライドが高い人はあまり好かれない。人を責めるし、見下すし、否定するし、自分を優先するし。そんな人苦手という人は多くいます。

でも、個人的にプライドが高い人はそんなに嫌いではありません。

やる事やる事自信があり、自分を曲げない、発言にも力があり、いい通す勢いもすごいです。参考になる部分も多々あります。

そこで、プライドが高い人の見抜く方法を紹介します。こんな特徴の人がいればプライドが高いと思って下さい。

著者の価値観で、良いところと悪いところに分けます。他にも特徴があると思うので読んでみて自分の体験した特徴を思い出してみて下さい。

プライド高い人の良いところ

1. 負けず嫌い

プライドが高い人は負けず嫌いです。なので、あれできない、これできないと弱音を滅多に吐かない。

負けないために何をすれば良いのか常に考えている。どうすれば、できるかを徹底して考えていることが多い。

これこそ成長を支える心の持ち方なのです。

2. 助けを求めない

プライドが高い人はできるだけ自分一人でやりたがる。

おそらく人に頼るという概念はないと思います。しかし、社会人となれば人の助けを求めた方が自分や周りのためになることも有り得る。一人でやろうとして、時間ルーズになっては迷惑をかけることもありますからね。

助けを求めないことが良いところではなく、助けを求めないという姿勢が良いところだと考えています。自分の力でなんとかやり遂げるという姿勢は成長意識がある人の特徴でもあります。

こんな人は必ず成長します。

3. 自信の持ち主

プライドが高い人は自分に自信があります。

そうでないと、プライドの高い状態を維持するのは相当難しいはずです。すぐ崩れるはずです。

プライドがある人はプライドがない状態を我慢できないので保ちたい努力もする。しかし、表で一生懸命やるとプライドが高いポリシーに違反するのでこっそり裏で努力することは多い。

4. 言い訳しない

これは美徳だと思います。

自分が関わることに関して責任を持って、言い訳もせずやり通す力。こんな人は成功も失敗も多分関係ないと思います。

彼の頭の仲にあるのは、自分のやり方をやり通すことです。

言い訳を好む人なんていません。それにどんな隠してもバレバレです。

プライド高い人の悪いところ

1. 自分の非を認めない

プライドが高い人は自分の非を認めない傾向がある。

それは、自分の情けない姿を他人に見せたくないというより自分が認めないからだと思います。それは自分がもっとも得意と思っている分野であるほど強くなります。

この分野じゃ、誰よりも上だと思っているから非の現実を受け入れられない心理状態になることがある。

2. 人の意見を聞かない

プライドが高い人に他人の声を聞かないという特徴がある。

上でも述べたように、自分より上の人はいないと思っているから、周りからの意見に対してあまり重点置かない表れです。

こだわりがあり、よっぽどの決意がなければそのこだわりは変わらない。なので、プライドが高い人にものを聞かせるには、相手を説得する万全な意見がなければなかなか聞き入れてくれません。

並みの伝え方ではダメです。もしくは、聞かさないように諦めるしかありません。

3. 冗談するが冗談させない

プライドが高い人は、自分が意図したことで冗談を言うのが好きな特徴があります。

人に冗談言うこと自体は悪いことではないが、問題は、プライドが高い人は他人に冗談言ってほしくないところです。

冗談いうが冗談言わせないは、当然アンバランスな関係なので相手からしてみれば、嫌な奴になるわけです。これはアンフェアです。

などプライドが高い人にはいい面も悪い面があります。自分に当てはまるところはありましたか。あるいは、自分の周りでこんな人いますか。

プライドがなくても良くないが有りすぎてもまたよくありません。自分に対しても、相手に対してもです。

物事には二面性があるので文句は言わないが、プライド精神を状況によって使い分けるのもいいかもしれません。

世の中は考え方や価値観の違いがぶつかり合うところです。自分の考え、見る角度が正しいとは限らないので柔軟な心を持つのが周りと肩を並べていくには重要です。

時にはプライドを捨てて肩の力を抜くことも必要です。ずっとガチガチにこだわり過ぎていても疲れるし、周りのみんなも逃げていくでしょう。

ただ、自信を持って言うことはちゃんと言う、やることはちゃんとやる姿勢も忘れてはいけません。

場合によって、プライドは再利用のゴミ箱に捨てる必要もあります。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です