モーニングショット缶コーヒーが爆発的に売れた理由


モーニングショットモーニングショットという名前で売られている赤い缶のコーヒーを知らない人は少ないと思います。朝専用コーヒーという名前でも知られているものです。

有名なアイドルグループ、著名人がテレビCMに出演して、CMとしても一時期話題になりました。

実は、モーニングショットはバカ売れされています。

発売当初の一年間の売り上げケース数の目標を発売からわずか2ヶ月で達成して、今でもその売り上げを伸ばしているメガヒット商品です。

では、この缶コーヒーはなぜ爆発的に売れるようになったのでしょうか。

朝飲んだ人がスッキリするような味、あるいは何か朝にいい成分を含めるようにしてから売れるようになったのか。

否定できないが一般ユーザーからして見れば、コーヒーで味のちょっとの差はそんなに感じられないと思います。

切れ味、飲みやすさが増したことで売り上げが急増したと考えても、他の缶コーヒーも品質がよく朝でも十分飲みやすいです。なので、これも一般のユーザーからして見れば差が出るところではないはずです。

では、モーニングショットが売り上げを一気に伸ばした本当の理由は何でしょうか。なるほど、だと思えるストーリーなので紹介します。

実は、「モーニングショット」は、以前販売されていた普通の缶コーヒーをベースにし、名前を「モーニングショット、朝専用」にして販売した商品です。

これによって朝コーヒーを飲む習慣がある人は、「モーニングショット」を買うようになったことが売り上げ急増につながったという訳です。

普通に考えても、この戦略は見事に的中している。

朝コーヒーを飲む人が店に入って商品棚に並べてあるAコーヒー、Bコーヒー、Cコーヒー、モーニングショット朝専用コーヒーという4つのコーヒーの中からどれを選ぶと思いますか。

おそらく、モーニングショットの方が高い確率で選ばれるでしょう。なぜなら、朝専用だからです。

つまり、お客さんの選択範囲を一点に絞ることでその商品だけに注目を集め、売り上げを伸ばし成功させたわけです。モーニングショットを購入するように商品名で誘導したのです。

しかも、商品名が朝に飲むコーヒーだとすぐ分かるので迷わずに購入する。これも、短期間で爆発的に売り上げを伸ばした要因の一つだと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です