ロジカルシンキング力を鍛える最も効果的な方法


ロジカルシンキング力を劇的に鍛える方法を紹介します。

この方法を活用すれば、ロジカルシンキング力が確実に上がる。

それだけではなく、知識習得力も身につきます。

ロジカルシンキング力に自信なければ、今回紹介する方法が役にたつでしょう。

ぜひ、試してみてください。

そもそも、ロジカルシンキングとは何でしょうか。

ロジカルシンキングとは

ロジカルシンキングとは、簡単に言えば、物事をつじつまが合うように考えることです。

あんな風になるのは、このためです、こんな風になるのは、これがこうだからだ、という感じでしっかり物事の原因と結果を結びつけて考える事です。

ちなみに、ロジカルに考える人は論理的学習スタイルで物事を理解する。

では、ロジカルシンキングを鍛えるべき理由は何でしょうか。

ロジカルシンキングを鍛える理由

我々が関わる物事は多面です。なので、物事を色んな角度から客観的に見なければ正しい答えが出せない。

ロジカルシンキングを鍛えれば、物事を色んな角度から見て、論理的なつながりをしっかり考えた上で行動や発言をするようになる。

こうする事で、失敗を防ぐことができる。

これは、ロジカルシンキングを鍛えるべき十分な理由になると思います。

ロジカルシンキングの基本について、必要最低限のことが分かったところで本題に入ります。

ロジカルシンキング力を鍛える効果的な方法を紹介する。個人的には、一番効果的な方法だと信じきっている方法です。

ロジカルシンキングを鍛える方法

ロジカルシンキングを鍛える最も効果的な方法は、伝える事です。

これだけです。

ロジカルシンキング力は、伝える事で鍛えられる。

一言で言えば、アウトプットですね。

定期的にアウトプットすれば、ロジカルシンキング力も上がる。

我々は毎日膨大な情報をインプットしている。それがたまり続けるので、重要度が低い方から消していく。脳の機能低下を抑えるためのバイロジカルな仕組みです。

つまり、古い情報から消して、脳のインプット容量を空けている訳です。

脳は古い情報から消していく。必要な情報も。

そのため、重要な情報でも自分のものになっていなければ新しい情報をインプットするために脳内スペースから消されます。

これが脳の素晴らしい機能の一つです。

でも、不要な情報を消すのが大事ですが、大事な情報を残すのも大事です。

我々は、大事な情報が消えないようにする必要がある。

大事な情報は消されないようにしよう。

つまり、ただの情報ではなく自分の情報にして残す必要があるということです。

では、どうすれば必要な情報を自分のものにできるのか。

関連性がある情報間に論理的な繋がりを作っておけばいいです。

自分のものにするには、インプットした情報をアウトプットするという簡単で強力な方法があります。

せっかく、多くの情報を意識的にインプットしているからそれを意識的にアウトプットするだけです。

インプットとアウトプットはワンセットです。

これだけでロジカルシンキング力が鍛えられます。

ブログやメルマガ、SNSが活用できます。

伝えるという目的は大事ですね。

でも、一言でアウトプットといっても中途半端なアウトプットはためになりません。

相手に伝わらなければ無意味です。

相手が理解できる内容になってはじめてアウトプットと言えます。

自分の知識にもなる。いつでも引き出せるようになります。

つまり、アウトプットするまでの過程で話題に対する論理的な繋がりが出来上がるということです。

この過程を習慣化できれば知識の量が増えるだけではなく、ロジカルシンキング力も確実に鍛えられる。

まず、伝える目標を立てる。その時点で伝えることの重要度が増します。

そして、準備します。関連要素を理解します。

さらに深く掘り下げて調べます。伝え方を決め、伝える工夫をひねる。

など、一つの話題に対して色んな角度からアプローチすることで理解度が深まります。

最終的に完成した情報になり、自分のものになって永久版として脳内に保存される。

その過程で色んな情報、条件、状況がつながり、話題に対する一貫性が生まれるはずです。

論理的な深いつながりが明らかになっていきます。

これこそ、ロジカルシンキング力が鍛えられるプロセスです。

クリティカルシンキングも鍛えられる。

このプロセスを習慣化できれば、ロジカルシンキング力がどんどん上がって行くはずなのでぜひアウトプットを意識してやっていきましょう。

アウトプットすることで自分の知識を確実なものにしていきましょう。

グッドラック。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です