あなた様を不幸にする9つの心理


不幸心理人間はみんな幸せになるべきです。

男女、背高い低い、年上下、体重重い軽い、経済力あるなし。

みんなです。

 

しかし、我々は不幸という感情を感じるようにできている。不幸があるから幸せの重みが感じやすくなるが長く持ち続けるのはダメです。

そこで今回は、我々を不幸にする9つの心理を紹介します。

今一度自分の行動を見直して不幸は長く持たないようにしましょう。

 

1. 忙しくなければ

特に忙しくて疲れた時、頭によぎるものです。確かにその通りです。

仕事しないで自分のやりたいことだけして楽しむ生活は最高でしょう。

でも、どこかで真剣に仕事をして自分の力を試す、自分ができるという体験することも大事です。

考えてみてください。

仕事がない、やる事がなければどうでしょうか。人間はもともと勤勉でクリエイティブな生き物ですので受け付けません。すぐ何かやりたくなる。

自分に足りないもの、自分が知らないことは何でも作れる、知る、できるようになる。

我々にはチャレンジ精神と自分の幸せをつかめとる努力が必要です。行動力が必要です。

これは生き甲斐になる。

 

2. 悪いのは私じゃない

人のせいにする心理です。

人間は元々自然界の生き物ですので自分を守る習性がある。人のせいにするのもこれと関わるでしょう。

でも、我々は社交性のある生き物として進化したので他人の事も気にかけてあげる素晴らしい性質を持っています。

責任感を持つ事も大事です。

思い出してみて下さい。人のせいにしていいこと有りましたか。

無いと即答する人の方が圧倒的に多いでしょう。自分の責任を自分で果たしてこそ幸せを感じられる。

悪いのは誰ではなく、何です。そして、どのように解決するかに注目すれば解決できない問題はないはずです。

 

3. 私は〇〇だったら

どんな人にも不満がある。

身長がもうちょっと高かったらなダンクシュート決めたのにとか、もっと給料が高い良い仕事についていたら楽な生活をしたのにとか、良い家に住んでいたら、もっと奇麗だったら、目がちょっと大きかったらなどなど。きりがないです。

好みの自分を望む事自体は悪くないです。むしろ、もっと望むべきです。

でも、そこに目標に向かって突っ込んで行く行動力が大事です。妬ましく思っているだけでは、不幸になります。現状に満足しながらもっと上の自分を目指して努力すれば手が届かないところはないです。

 

4. 苦手を避ける心理

苦手は避ける。ほとんどの人はそうです。悪くはないがたまには勇気を出して苦手に立ち向かうべき時もある。

苦手がたまると恐怖に変わるので不幸を感じる。

それに、苦手意識はエスカレートするものです。持ち続ければ続けるほど克服するのが難しくなる。それが日々の行動に直接関わる仕事だったり、人間関係だったりすると心理的に受けるダメージが膨らみうつになったり、それが病気に変わるケースも稀ではない。

軽視してはいけません。

苦手を解決するにはこれしかないです。

勇気を出して自力で立ち向かうことです。問題に立ち向かえば意外とあっさり解決できちゃうことも沢山ある。精神的に楽になるし、自分に秘められた力を発見するかもしれません。

まさに幸せをつかみ取る努力はこれです。

それでもダメだったら、あっさりギブアップしてしまうという選択肢もある。

ギブアップは悪いことではありません。素直に現状を認めてギブアップすることも問題解決につながる場合がある。ギブアップして次に挑めばいいのです。

できる状態になったと判断した時に再チャレンジをすればいいのです。

 

5. 過剰な警戒心

警戒心はいいが過剰になれば不幸を感じる。

確かに我々の周りには悲惨な事件、事項、テロ、戦争、災害など多数起きています。特にこの数年間は前より強く感じるようになったのは事実です。

でも、そこにメディアの影響も計り知れないということも忘れないで下さい。

朝起きてテレビをつけたら事件がありました、事故がありました、人が死亡した怪我したというニュースばかりです。そのニュースを見た人は知らず知らずうちに危ない世の中だなと洗脳されていく訳です。

警戒心は必要ですがオーバーすると逆効果です。

お互いに助け合って生きるはずの人間社会が他人不信の人だらけになってしまう。

想像してみてください。助けたい気持ちで手を伸ばしたら変な目で見られる。心が痛々しいです。

いいニュースに目をつけましょう、耳を向けてみましょう。

気分は大分楽になるでしょう。悪い事より良い事の方が多いはずです。

 

6. やっちゃダメは知っている

タバコは体に悪いと知っているが痩せるからたまに吸う、脂っこい物は体に悪いと知っているが美味しいから、食も楽しまないとなとか、酒は。。。など人間は油断する。

でも知って欲しいのは自分に悪いという実感あることから100%の満足感は得られません。

自分勝手な行動で病原も作ってしまう。

美味しいなと食べていても、やっては行けないという気持ちがあるので、や〜今日食べてしまったなという不満が必ず残ります。不幸を感じる。

それより味がちょっと薄めでも体にいいものは気持ちよく食べるでしょう。

健康問題は不幸に直接繋がるものです。これこそチャレンジするべきことではないでしょう。

やっては行けないと思っている事はやらない。これが原則です。

 

7. 私は運がない

夢は運がいい人にしか叶わないものという根拠がない弱音。

以前催眠術潜在意識は人間の行動を支配しているとのべました。

潜在意識は自分のマインドで書き換えられる物ですので思った事が自分に起こりやすくなります。悪い事を思えば、悪い事が起こりやすい、良い事を望めば良い事が起こりやすくなります。

私は運が悪いと思えば自分が運と感じられる物は自分に起こりません。自分が運が悪いという姿勢で物事に接しているから感じる事ができないのです。

胸が熱くならない。何より心が沈み幸せを感じにくくなるところが一番怖いです。

この世の中には運が悪い、運がいい人は特別にいません。皆平等です。

幸せと感じるか感じないかの問題なだけです。

私は最高の人間です、やればできる、最高についています、何かもっている、私の周りにはいい人ばかりです。

と思えば自然とそのように感じられるようになる。感じられるようになることがプラスです。

 

8. 私には無理、無理、無理

よく聞きます。

これも潜在意識と関連ある話です。無理と思えば無意識にできるように行動しない、力が入らないんです。

だから出来ない。

できるように行動しないとできない事は当然です。

建前上の対応だけかも知れないが無意識に自分の態度を冷ましているのです。私には出来る、挑戦するという熱い気持ちで取り込んだ方がいいです。

できなくても熱いチャレンジ精神が人を突き動かす原動力になる。

というか熱い気持ちで臨めば大体出来ます。

 

9. 今日から頑張るぞ

今日から頑張るぞ、え〜え〜お〜。

僕もたまに言います。気合いが入ります。

その気持ちを長くキープすれば別ですが、「今日から頑張る」が明日終われば意味ありません。

しかも、今日から頑張るぞが実現されないまま繰り返されると苦手意識に変わります。不幸を感じるのでだんだん言えなくなる。

また、頑張ると「約束」したのに頑張れなかった自分に情けの無さを感じるので心理ダメージが大きい。今日から頑張るぞと宣言して頑張ればいいです。

頑張れなかったら言わない方がいいです。

など、我々は自分を不幸にする心理をもっています。

不幸になる心理があるなる幸せになる心理もあるはずです。それは明るく、前向きに物事に接する事だけの気がします。

幸せになる秘密なんてありません。日々笑顔で過ごす、今日を精一杯頑張る、そして頑張って自分に満足する。たまには自分にご褒美をあげる。

これだけで十分幸せな生き方ができると思います。