世紀の悩みモンキーマインドとは、その悩みを解消する2つの原始的な方法


モンキーマインド最近、モンキーマインド状態が続いているので仕事がはかどらないよ、と悩んでいませんか。

実はそんな悩みを持つ人はあっちこっちにいます。

 

モンキーマインドの悩みです。

 

非常に的確な表現で分かりやすいと思いますが、なかなか集中できない状態をモンキーマインド状態といいます。

思考がまるで猿のように動き回り、一点に集中せず、色んなことに頭が混乱している状態です。

残念ながら、雑音が増えた現代社会では、これは全く珍しいことではなくなりました。テクノロジの進歩も決定的な打撃を与えている。

モンキーマインドは、まさに、進歩がもたらした世紀の悩みです。

 

 

両手を正しく振りながら、歩く人は10人中何人だろうか。片手を振って歩いている人がほとんどではありませんか。

何の用も無いのにスマホをチェックしないと気が済まない。歩く道も忘れながら、スマホをいじる人は結構見かける。

これじゃ、注意力も薄れ、歩き方も変わる。

 

実は、コントロールを外せば、僕もその一人ですが、意識的に避けているお陰で電信柱には衝突しないで歩いている。笑

 

トイレの第一目的がトイレじゃない人が何人いるだろうか。

 

こんな人もいる。

勉強しようとして、机に向かったのに、気がついたら自慢のスマホでネットサーフィングを始めている。見ているのが誰のためにもならない、お尻の穴を掘った軽いニュース、あるいは、誰かが取った面白おかしい動画。

そして、やっと気が済んで、勉強に戻ろうとすると、今度なかなか集中ができない。

これが悩みのタネになり、なかなか治ろうとしない自分に苛立ち、ストレス障害に陥る。

こんなライフスタイルになっていませんか。

 

ある研究によれば、人は集中力を一回切らすと元に戻すのに30分もかかるらしい。

30分のロースです。

 

なかなか遭遇しない集中力をやっと手に入れたのに、ささやかな事で手放してしまえば、勿体無いですよね。有益な時間は一切戻って来ない訳ですから、この30分ロースは非常に大きい。

 

実は、コントロールを外れば、僕もその一人です。

ただ、机の上を綺麗にしました。スマホは遠くに置いています。テレビは滅多に見ない。別の部屋に置いてあります。

こんな感じが1年も続いているので、もうその心配はないが、厄介な悩みであることはよくわかる。

 

 

そうですね、皆、モンキーマインドに悩まされている。

厄介なのは、モンキーマインド状態が続くと、まず癖になり、それが習慣化され、最終的に潜在意識に書き込まれるので非常に危険です。

 

何をやっても、落ち着けない自分のことを想像してみてください。

 

恐ろしいことではありませんか。

即座にモンキーマインドを解消した方がいいです。

 

 

では、どのようにモンキーマインドを解消すればいいのか。

 

2つ簡単な方法があります。動物としては、この行動は当たり前です。

 

まず、スピードを意識してみてください。

逃げるのも、狙うのもスピード感が必要です。

 

あなたは、車を運転して、街中を走っている。

20キロのスピードでゆっくり走っていれば、どうなるでしょうか。

周りを見渡して、先買ったお茶を飲んだり、時には携帯をいじったり、隣に座る彼女にキスしたり、鼻をほじったりと落ち着いているが頭の中は色んなことに誘惑されて、まさにモンキーマインド状態です。

 

では、100キロを出して、猛スピードで走っているとすればどうでしょうか。

飛行に間に合おうと急いでいます。

 

鼻をほじることはできますか。

隣の彼女にキスする余裕はありますか。

携帯いじる気持ちになりますか。

喉が渇いていても、お茶を飲もうとしますか。

 

運転に相当な自信があるプロ並みの人じゃなければ、恐らくそれらは避けるはずです。

一点に集中して運転するはずです。

 

 

時間を決めておけば、スピード感を持って取り掛かることができます。

 

ここまでの事を全部一時間で間に合わすよ、と言う心境で物事に取り掛かれば、義務感が強くなり、効率が上がるはずです。

 

そして、やる事を一つ絞るともっと効率的です。

シングルタスクです。

逃げるのも、狙うのも一つに絞らないと逃げない、獲物を獲得できない。

シングルタスク

 

これは著者である僕も実感している事です。今、机の上にパソコンと時計だけです。

この二つをセットにして置いておくだけで、効率が多分何十倍も上がっていると思います。

 

実は、マルチタスクを抱えて全部うまく済ませる人はそれほどいないです。

できるとしても、その能力でシングルタスクに集中していれば、効率、効果、結果、どれを取っても上回ることは間違いない。

そんな犠牲を払わなくてもいいと思っています。

 

 

今回はここまでにします。

モンキーマインドに悩まされているなら、スピード感とシングルタスクを意識してやってみてください。

モンキーマインドにタカマインドで挑めばいいと思います。

 

僕もそうします。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です