簡単だが後味の悪い問題解決方法


人のせいにする,人のせいにする人後味の悪い問題解決の試みがあります。最悪な方法です。

 

それは人のせいにすることです。

 

頑張っているのに認めてくれない、説明をしているのに分かってくれない、頼んだのにやってくれない、言うことを聞かないなど問題に直面したらまず人のせいにしてみるのは人間です。

 

人と関わって生きていると人のせいにしてしまう場面が誰にでも出てくる。

でも、すでに気づきだと思いますが人のせいにすることはどんなことにおいても全く無効果です。

 

では、なぜ我々は効果がないことに気付きながらも人のせいにするのか。

 

それは、無意識に自分のことを守ろうとする防御本能が働くからです。

人のせいにすることで自分が抱える問題を素早く、そして簡単に解決しようとする本能が優先されるからです。

 

我々の脳は膨大なエネルギを使って機能している。なので隙があればすぐ休みたがる。

無駄なエネルギを基本的な生理機能以外に使いたくない本能がある。

こういう事情があるので余計なことに悩んでエネルギを多く消費することを避けてまず人のせいにするという態度をとってみる。

 

しかし、本能的な働きなのでしょうがないと思えたいところだが人間関係を築いて社会生活をしている以上は極力避けた方がいいです。

 

人のせいにすることは自分の成長をさまたげることにもつながるし、非美徳であることは皆知っているから信頼失えやすい。

後味も最悪です。全くのデメリットです。

 

本当は人のせいにしないで自分が変わる、状況を変える努力すればすぐ解決できる問題がいつまで経っても根本解決にならないまま引きずられる。

 

それが苦手意識を生むので最終的に精神的な圧力となってかかってくるわけです。

無効で恐ろしいことです。

人のせいにすることは簡単だが何も新しいことを生み出さない、前進しない。デメリットの方が大きいのです。

成功も失敗も全てが自分次第だという意識が大事です。

日頃、この意識を持って生活に全うすれば人のせいにすること、言い訳することはやらなくなります。そんな暇がなくなる。

それより積極的になって問題を解決する工夫を探るようになるだろう。

これこそ、進化につながる近道だと考えます。