人間を救うメタ知識とは(メタ知識こそ人間らしさを生む)


人間を人間らしくし、他の生き物と別格にする唯一の特徴があります。

その特徴について話をしようと思います。

 

人間は他の生き物とは基本的に同じです。

メンタリズムラーニング・メルマガ

脳があり、心臓があり、生気に必要な臓器があり、それらがしっかり機能することで生きていける訳です。

 

エネルギも必要になるし、そのエネルギを補う行動もだいたい同じです。

ご飯を食べること、寝ること、そして温もりを感じることで安全性を実感する。

人間も、他の生き物もお母さんをみれば、お母さんの隣にいれば怖いもの知らずです。

全く一緒です。

 

友情を感じるところも、人間と他の生き物は同じです。

お互いがいなくなれば、気持ち落ち込む。

全く一緒です。

 

では、人間と他の生き物を根本的に分けるものとは何だろうか。

 

笑えること?

足し算ができること?

話せること?

発明できること?

 

全部、人間を人間だと言える特徴でもある。

でも、その一番根底にあるのは、実はメタ知識の存在です。

 

メタ知識こそ人間を救う。

メタ知識こそ人間を人間らしくする。

 

人間には、メタ知識が発達し、他の生き物にそれが発達できていないのです。

 

 

では、そのメタ知識とは何なのか。

 

メタ知識は、知識を認識する知識です。

 

つまり、自分にどんな知識が足りていて、どんな知識が不足しているのか把握する能力です。

そして、自分に足りない知識があると判断すればそれを意欲的に学べるのは人間だけです。

 

これができることで、成長が可能になる。

どんどん自分を磨き、足りないところを補うことで進化していく訳です。

ホモ・サピエンスという生き物が賢い現代人になれたのはこのメタ知識を発達させたからです。

 

例をとって話を少し分かりやすくしましょう。

 

人間には、社交性というものがあります。

どんな小さい子供も、幼稚園に行けば周りと自分を適応させるように行動する。

 

周りを観察することで、どんな態度をとっていいのか、行けないのか、どんな行動に周りがどんな反応を見せるのか学習します。

 

そして、社交性と言って、周りと適用させて生きていく能力が身につく訳です。

 

では、小さい子供の代わりに小さいチンパンジーを幼稚園に行かしてみましょう。

 

人間の子供と同じような行動、学習ができると思いますか。

周りと自分の行動を合わせるように意識的な行動ができると思いますか。

うまく人間社会での社交性が身につくと思いますか。

 

歴史上、人間の社会に適用できたゴリラ、チンパンジー、オランウータンがいると聞くが、それは全く稀なことで、完全に手ばなれることはないです。

飼育さんがいて、その人が付き添わなければ長く生きて行けないのです。

メタ知識がないので、自発的に自分に足りないところを発見し、進化しようとしないのです。

 

 

人間には、知識に関する知識がある。あのメタ知識のことです。

 

これがあるのと、無いのでは明確な違いが出ます。

 

ロケットが作れるか、作れないか、美味しいそばが作れるか、作れないか、野菜が作れるか、作れないのか、コンピュータが作れるか、作れないのか、もっと改善させて行けるか、行けないかに差が生じてくる。

 

これは、人間が辿ってきた進化という細長い道なのです。

 

最後に、一言にまとめるが、人間を人間らしくするのが、我々にしか発達していないメタ知識の他ならない。

つまり、知識を自覚する知識です。

このメタ知識の存在が、我々人間を他の生き物とは別次元までに押し上げた唯一な要素なのです。

 

人間はメタ知識があるから大したもんなのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です