仕事できる人と仕事できない人の決定的な違い


できる人,できない人仕事を効率的にこなす人がいます。生き生きしています。仕事が出来る人です。

一方、あれやるこれやると迷ったり、決断出来ない、頑張っても効率が上がらない人もいます。仕事が出来ない人です。

 

この違いはなんだと思いますか。

これがわかれば、ある程度解決策を打つことも出来る。

より高いレベルで活躍出来るようになる。

 

原因は色々考えられますが、我々人間の活動を決める3つのエネルギのバランスで大体説明が出来ると思います。

 

3つのエネルギとは、精神エネルギ、身体エネルギ、そして頭脳エネルギです。もう一回書きます。

  1. 精神エネルギ
  2. 身体エネルギ
  3. 頭脳エネルギ

 

この3つのエネルギのバランスがよければ、仕事の効率が上がり、何をやってもうまくいく最高の状態になる。

 

バランスが悪ければどんな仕事をやっても出来が悪く、うまくいかないです。

 

それだけではなく、疲れがたまる一方なので注意が必要です。

 

下記のようなイメージです。

3つのエネルギが大きくて、バランスがいい人は出来る幅が大きくなる。仕事が出来る。

上の図の青です。

 

出来が悪い人は上の図の面積が小さい緑です。エネルギのバランスが悪い人とも言えます。

上の図の紫です。

 

頭脳エネルギはあるが精神力がない、あるいは体が弱ければ出来る幅が小さくなる。出来る部分が出来ない部分をカバーできれば問題ないと思うがカバー出来ない場合は当然出来が悪くなる。効率が悪くなる。

 

図をみながら色々想像出来ると思います。自分のことも当てはめて自己分析してみてください。

 

ここで、みんなが関心あるのは、おそらく精神エネルギ、身体エネルギ、頭脳エネルギのバランスをどのように保てるのかだと思います。

答えは簡単で、使ったエネルギを補うだけです。

つまり、頑張った後、リフレッシュが必要です。

 

我々のエネルギは有限です。使ってばかりでは、いつか底を突きます。途中で補っていかないといつかその時が来るのです。

 

病気になったり、頑張ってもパフォーマンスが上がらない、逆に落ちる。

もし、実感あるならリフレッシュが必要というサインかもしれません。

もう一つ意識してほしいのは、この3つのエネルギはお互いに密接に繋がっていることです。

 

例えば、精神エネルギが少なくなれば、ネガティブ意識が強くなり活動幅が小さくなる。モチベーションも下がり仕事するところじゃなくなる。

気力がなくなれば当然病気になりやすくなるという悪循環が引き起こされてしまう。こんな状況では頭脳も発達しにくくなる。

これと同じように、体が弱くなれば◯◯◯、頭脳が弱くなれば◯◯◯と考えてみてください。一方が下がれば、必ずその他も下がるというつながりが発生すると思います。バランスが悪くなる。

やりすぎはダメです。悪循環の始まりです。

やる時は気合を入れて集中して全力で取り組む。そして、適時に十分リフレッシュをして回復する。そうすれば、仕事も出来て、心身ともに充実した生き方が出来ること間違いないと思います。

言葉を変えれば、メリハリです。

 

自分の行動をコントロールし、自分の能力を賢く引き出すという意味で言えばこれも立派なメンタリズムだと考えています。

忙しい社長のための「休む」技術という本があります。休む技術一流の人の方が取り組む時間が短い、休みが長いというデータがあるそうです。それでも、抜群な成功を収めることが出来る。

じゃ、短くやればいいんだなと悪ふざけしないでください。休みにもコツがあって著者の言葉を借りて言えば「戦略的休暇」がコツのようです。

これから自分の分野で長く活躍したいと決心している方は是非一読した方がいい本です。

十分休めて、仕事の効率を上げられる方法があるならどんなノウハウよりも先に知っておくべき知識だと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です