楽して仕事の効率を上げる方法


楽して効率上げる方法楽して仕事の効率を上げる方法があります。

ズバリいいます。

その方法とは、やらない事を決めることです。

既に効果が多くのビジネスパーソンによって実証済みの方法です。

やることを決めて、上からしっかりやっていくのもいいことですが、それには落とし穴があります。

我々人間には時間の制限があります。

1日は24時間です。そのうち、活発的に行動するのは伸ばして10時間です。

その10時間でどれだけ多くのことを、どれだけ効率的に質の高いレベルでできるかが成功と失敗の分かれ目です。

残念ながら、我々には力の制限もあります。

できる事とできないことがあります。たくさんの事ができるとしても一回にできるのは1つだけです。

たまに、聞きますが、手足同時に作業できる人とか、本をしっかり理解して読みながら他の作業ができる人とか、同時に5冊読める人とか。

こんな人は、まさに、60億分の1です。もし、そんな能力があれば大声で自慢してください。

いろいろ書きましたが、言いたいのは、時間が限られている、やれる事も限られている、我々は希望通り活躍できない時もある。

そんな場面で、考えるべきなのは、本当にやれる事は何なのかです。

つまり、やらない事を決めて、やれることを絞って明確にするべきです。自分のできる事のために力を温存するべきです。

特定の事だけに力を集中させてやれば、効率が上がるし、出来ばいもよくなる。

また、できる事を深堀する事で勉強が深まり、さらに能力が上がる。

能力が上がれば、時間も節約でき、他の事にも挑戦できるようになる。

「楽」した方がビッグになるということです。

こんな事を言っても納得できないと思うが我々は一人ではありません。

やれる事は自分でしっかりやって、やれない事は他の人に頼んでやってもらう事もできる。同じ目標に向かって自分だけではなく、サポートする人がいれば目標とする作業が並行して進行するので成果も上げやすくなる。

逆に、やらないこともやろうとすれば、時間がかかるし、やったとしても質も下がる。プレッシャーにもなるので精神的に好ましくないです。

やらないことを決めちゃってください。

やることだけ集中してやればいいです。その分野、もっと上手くなるので結果的に楽します。

ただ、引き出しの数を増やすことも忘れないでください。

この方法をうまく活用しているのは、世の中の社長さん達です。

彼らには能力がある。少なくても勇気がある。

そして、一人でやるより大きな利益を生み出せる。活躍を他人にうまく任せられた事が彼らを成功に導いているのです。

もちろん、失敗もたくさんあるが、うまく動かしていない事がその原因の大半を示していると思います。

頭は一つです。一回に集中することも一つです。その一つに集中しましょう。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です