仲良くなる意外な方法:仲良くなりたいカップル必読


仲良くなる意外な方法を紹介します。

もっと距離を縮めたい、近くになりたい、仲良くなりたいと願っているカップルは必読です。

 

仲良くしたいけど、なぜかうまくいかないというカップルは少なくないです。

 

それは、しょうがないことです。

全く異なる環境で育った、赤の他人同士が一緒になっているわけですから、むしろ合わない方が自然の流れです。

もちろん、覚悟の上、お互いを合わせる努力は必要ですが普通は合わない方が自然です。

心配要りません。

 

僕はまだ若い旦那ですが、夫婦仲を保つ意外な方法に気づきました。

 

この方法は、誰にでも出来て、しかもちょっとだけ気分良くできる方法なので試してみてください。

効果がじわじわと感じられるでしょう。

 

もし、人生の先輩方々から間違っているという指摘があれば考え直してみますが、今のところこの方法は効果があると確信しています。

 

その方法は、ずばり言ってしまえば、距離をおく事です。

相手にフリーな時間を与えてあげることです。

その分、自分にもフリーな時間が確保できるので一石二鳥です。

 

そう言うと、ちょっと待って、距離が必要なようで感じ悪いじゃないですか、と疑問視する人もいると思いますが、答えは、「仕方ないです」です。

 

仕方がないのです。

我々は自然界の生き物です。

他の動物同様、縄張り意識があります。実は、自分の所有する地域に侵入してほしくないです。

侵入者が現れればすぐ拒否して追い出そうとする。

 

自分のテリトリーを独占したい気持ちもあるが、周りに邪魔されたくない、周りに邪魔したくないという気分の表れでもあります。

 

パーソナルスペースもそうです。

他人が自分に一定の距離以上に迫ってくれば、立ち去りたくなる。危機感すら覚える。

電車の席選び、トイレ選びも取り敢えず他人から遠いところを選ぶ。

実はパーソナルスペースを意識していた結果です。

 

つまり、我々には一人でいたい欲求がある。

 

それがカップルとなればある程度許せる状態になるだけで、自分の縄張りを守る意識あるのは変わりません。

そして、時間が経てば一人でいたい欲求と人でいない不安が膨らみ相手を嫌がる気持ちが出てくるわけです。

相手が嫌い訳ではなく、環境を自分に合わせたい生理的な反応なので、仕方がありません。

 

こんな感情を抱いた人は少なくないと思います。

 

そこで、やるべき事は、お互いに一人の時間を作ってあげることです。

 

お互いに一人の時間を与えてあげると落ち着きを取り戻せるので不満が比較的蓄積されにくくなる。

自分の縄張りの存在を再び感じるから落ち着くわけです。

 

でも、僕らは社会性のある生き物でもあるので時間が経てばまた周りの温もりが欲しくなる。

これは、お互いの存在を以前より強く意識させるトリガーになり、一緒にいたい気持ちがさらに大きくなるわけです。

 

縄張り意識は感情的な事というより、本能的な事なので一定以上に強くなる事は滅多にありません。

潜在意識的に納得する容量が決まっているからです。

 

恋人やパートナと会えない状態が続いた時のフィーリングを思い出してみてください。

会いたい気持ちがどんどん募ってきませんか。

時間が伸びれば伸びるほどそれが強くなる。いくらでも払って飛んでいきたくなります。

 

これは愛です。本物であれば、強くなる一方です。

もちろん、遠距離を耐えきれなくなり、自分の道を行く人もいるがこれも自然な流れです。

 

我々は産まれながら、8つの基本欲求を持っている。

  1. 生き残りたい
  2. 食べたい
  3. 危険を免れたい
  4. 性的に交わりたい
  5. 快適に暮らしたい
  6. 後れを取りたくない
  7. 愛情を感じたい
  8. 社会的に認められたい

相手が欲しい欲求は、上記(4)と(7)の2つもの欲求と直接的な関係がある。

自分の道を行くという選択肢も基本欲求を満たすための行動なので仕方がない事です。

 

縄張り意識と違って、愛情は感情的な物なので、無限に膨らみます。

一層強くなる。

距離を置くと相手を思う気持ちが以前より強くなるわけです。

これが2人の関係をいい感じに続けさせる秘訣となるわけです。

距離をおく事は、お互いの存在を認め合え、愛情を膨らませる機会でもあるわけです。

 

適度に距離をおけば仲良くなるという意図はこのあたりにあります。

参考になるかわかりませんが、最終手段があるというくらいの気持ちで覚えておいてください。

 

ちなみに、我々が持つ、一緒に居たいけど、離れたい気持ちもある、好きだけど、嫌いでもあるみたいな複雑な感情をアンビバレンスと言います。

複雑ですが、アンビバレンスは誰にでもある普通の感情です。

悪いことではありません。

 

逆にアンビバレンスを否定すれば心理バランスが悪くなるので健康に悪いです。

いろいろと感じたままに書きました、間違っていると思えば自由にコメントお願いします。

永遠のテーマなので考えるいい訓練になると思います。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です