価値観を変えるべき時


価値観人は価値観で動いています。

こうであるべき、ああであるべきだという考え方です。

回りの状況や聞き入れた情報、見たものを自分の価値観で判断して行動を決めている。良い方向になるといいんだが、価値観の違いが原因で苦しむ事も多々ある。

怒ったり、人の悪口を言ったり、人を責めたり。それが原因で落ち込んだり、自信を失ったりする。ネガティブ意識が上回るのでよくありません。

しかも、ネガティブ意識が他人に向けられれば引きずられる傾向があるので人間関係崩壊にもつながります。早く断ち切るべきです。

そこで提案するのは、自分の価値観を変えてみることです。

こう言われても、どうすれば価値観が変わるのか、そもそも価値観って変えられないんじゃないのと思われると思います。

そこでお薦めするのは、以前紹介したメタモデルです。進化系心理学と言われるNLP心理学の一大の概念で、解釈の違いや思い込みをとく方法です。

メタモデルは簡単に言えば、質問攻めです。

例えば、次のような考え方(価値観)があるとする。

「男は◯◯であるべきでしょう。。。」

「女だったら◯◯するのは当たり前なのに。。。」

「小学生になれば◯◯はもうできるでしょう。。。」

「30歳こえたら◯◯でないといけないのに。。。」

「あんな傷つける言い方はおかしいよ。。。」

このままでは、思い込みだけで誤解を生む可能性がある。

そこで、メタモデル通り自分に質問し、価値観を確認してみてください。

無意識に反応している自分の価値観に初めて気づくはずです。もしかしたら、自分でもおかしいと思う、あるいは意味もなく従ってしまう考え方に気づくかもしれません。

メタモデルを上の例でやってみれば、次のようになる。

「なぜ男は◯◯であるべきでしょうか。」

「なぜ、女だったら◯◯するのは当たり前だろうか」

「なぜ、小学生ならできると思ったのでしょうか。」

「30歳こえたら◯◯でなければいけないと考えた理由はなんでしょうか。◯◯でなければどうなるのでしょうか。」

「あんな言い方のどこがひどいのでしょうか」

このように質問攻めしてみてください。

自分に質問をして、答えを探ることで自分の価値観にはじめて気づくことができるはずです。

自分の価値観に気づくことができれば、自分の考え方や行動をコントロールできるようになる。価値観が原因で落ち込んだり、怒ったり、他人を攻めたり自信を失ったりしなくなります。

視点を変えればものの見方が変わります。物事の両面を見ることで正しい判断ができるようにもなります。

時には価値観や考え方を変えると楽になれます。