子供の反抗期、親がやってあげるべきこと


反抗期対処方法,反抗期

子供の反抗期を穏やかに乗り越える方法を紹介します。親がやるべき事は1つだけです。

気持ちの正しい持ち方なので参考になります。

子供の反抗期は、親の我慢強さを試します。正直、親にとって軽くはない悩みです。

そもそも反抗期とはなんだろうか。

科学的な、精神学的な解説は色々あるが、簡単にまとめれば気持ちの変化で起きる迷いです。

人は人生で2回ほど反抗期を体験します。

1回目は、3、4歳頃です。

今まで親のいいなりになっていたことに気づけるようになるとおきます。この年頃の子供は、自分から進めて行動したくなってきます。嫌だ嫌だいうのはおそらく反抗期です。ダメですよと言われたことをやりたがる。ただの好奇心と思われるかもしれませんが、これもおそらく反抗です。

3歳の子供は自分と格闘しているのです。

2回目の反抗期は中学の真ん中あたりに起きるのがほとんどです。青春期と言われる時期です。

この年代になると自立心が人生歴代トップになる。

好奇心、勢い、勇気などエネルギの源が重なるのでなんでもできる気がして来ます。親に頼らなくても生きていけると思えるようになる。

しかし、親にはまだ小さい子供なので当然ながら注意することは注意する。自立心が強くなった青年は、それがうっとうしくて反抗し出すわけです。

注意する親や身内の人が自立心をしばった印象を与えるので反抗対象が親や身近な人になってしまうわけです。

さて、本題に入ります。

で、どうすれば反抗期を親としてうまく乗り越えられるか。

答えは、「これは反抗期だ」と「子供が成長している証だ」と

決めつけてしまいましょう。

そう考えるようにするだけで、心のゆとりができます。

優しく話してあげることも出来ます。悩みを分かち合うこともできます。なぜ怒るのかわからない自分に嫌みを覚える子供の気持ちを落ち着かせることも出来ます。

気持ちのちょっとした変化で子供にたくさんの良い影響を与えられるのです。

青春は敏感です。親が下手すれば子供が挫折する可能性が高くなる。青春期で挫折してしまい、よろしくない道を進んでしまうことは結構あることです。

子供の心の変化に気づいて、良い道に導いてあげるのが親の一番大事な仕事です。迷っている若者を救うだけではなく、成長のきっかけにもなれるのです。

反抗期は長くはない。長くても5年です。

人体構造の変化でもあり、必然的なことなので長目でみて穏やかに接してあげてください。

絆も深まるだろう。

mentalism learning mail magezine