変化を求める人が忘れてはいけないこと


変化を求める人,忘れてはいけないこと新年が始まり、年明けがちょっとばかり古く感じられるようになってきました。

そして、去年の反省と今年の抱負がより具体的な形で今年のやり方、方向性として決まってきた頃だと思います。

現状維持がいいのか、変化を求めていくべきなのか。

 

 

もし、現状維持が今年のライフスタイルとして決まったのであれば、おそらく去年のやり方も上手く行った証拠なのでこちらから言えることはグッドラックのみです。

グッドラック。

 

もし、今年こそ変化を求めて行動を起こしていこうという心境であれば1つだけ提案があります。

この提案を意識して行動すれば、結果がプラス方向に傾くこと間違いないはずなので是非考慮して頂きたいと思います。

 

変化を求める人が忘れてはいけないことは強引さです。

今年は、強引に行きましょう。

 

自分の考えたこと、意見を思う存分に伝えて、できるだけ主導権を握るように努めた方が変化を起こしやすいです。

そうしないと結局相手につられて自分の意思と真逆の方向へ行くだけなので注意した方がいいと思います。これは現状維持でもなく、変化でもなく、自分の時間が相手に奪われているだけのことなので避けた方がいいです。

自分の道を歩んだ方が断然お得です。

 

強引という言葉には力強さがあります。

この言葉から強い意識が感じられます。意識が強く固められていれば行動を促すし、背中を押してくれるので行動しやすくなる。

 

そして、強引さは自分の行動に対して責任感を持つ態度なので積極的な行動ができます。

 

目力も増し、発言もハツラツとして元気さがでます。ストレートになります。

 

つまり、自信を持って行動し、勇敢で言動のブレがない自分になれるということです。

握手や拍手だって力強くなるはずです。

相手にも自分の意思が伝われいやすいのでかなりいい交流になる。

 

こんな人は人を動かします。影響力が全く違います。

精神的にも楽になるはずなので、言動に満足するでしょう。

 

 

実は、強引さは文書スタイルにも大きな差を生みます。

 

伝いたいことをストレートな口調ではっきり強引に伝えた方が説得力があります。

発言に信憑性が出ますから、反応がそうじゃない時と比べて圧倒的に大きいですね。

 

そして、強引に伝えたことに対して反対の意見を持つ人は去っていきますし、賛成の意見を持つ人は残るので価値観が同じ人と出会えるきっかけにもなれます。

より濃い仲間が自然にできるということです。これはこれからの付き合いにとって非常にプラスになることで、信頼性の源になるので理想的な人間関係の形ですね。

 

ということで、今回の話をまとめれば、

変化を求める人が忘れてはいけないことは強引さです。

強引さには力強さがあるので行動を促します。

自信や責任感を匂わせた態度なので影響力は大きい。

そして、はっきり明確に伝えるので価値観が同じ人の集まりができやすい。それが将来への関係性におおきな影響をあたえる。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です