好感度をアップさせる顔の向き


好感度アップ好感度をアップさせるいろんな要素がある。

言葉遣いだったり、態度だったり、服装外見だったり。それに顔の表情や見せる角度、顔の向きでも相手の感じ方が異なる。

今回紹介するのは顔の向きで好感度をアップさせる方法についてです。

よく見ると人の顔は中心から右側と左側でかなり違う印象の表情になっている。

自分の顔を鏡で見ればわかると思いますが筋肉のつき方、膨らみ具合、はり、眼の大きさなど右左で違うことに気づく。

顔写真の右側を隠して左側を見てください。今度は左側を隠して右側を見てみる。その差ははっきり見えると思います。

実はこの顔の左右の違いにはある傾向があるそうです。

世界のどの国の人にも共通する。

理由はまだはっきり分かりませんが左脳と右脳の働きの違いや利き手側の筋肉の使い方、発達の違いによるものなどいろんな説があるようです。

その傾向とは、顔の右側の表情の方がシャープで鋭い、左側の方が優しくて柔らかい印象を与える。

言われて見れば確かに右側の方がキリッとしていてかなり正直そうな表情しています。

左側は確かに少しいゆるい、柔らかい感じです。よく言えば優しそうな表情になっているとも言えます。

そこで紹介するのが左右の顔の特徴をいかして相手に自分が望んだ印象を与える方法です。具体的に言えば、顔の左右の違いを使い分けるということです。

相手を説得したい、真面目な態度で真剣な話をしたい時はキリッとした右側を見せる。

逆に相手に優しい印象を与えたい、安心してもらいたい時は左側を見せるといいと思います。

例えば、ビジネス交渉で相手を説得したい時や何か強く訴えたい時は顔の右側を見せるように相手の左側の席に座る。

相手が正面にいる場合は少しい右寄りに座るといいと思います。

初対面の人は警戒心があるのでなるべく優しい印象を与えることが大事です。

この場合は左側の顔を見せるような立ち位置から会話すればいいと思います。

ただ、注意して欲しいのは、さりげなくやることです。

右側が見えるように変に顔を左に向けたり、わざとらしくやると逆に相手に違和感を与えるので変な人だと思われてしまいます。注意しましょう。

このように少しいの気づきで相手にいい印象を与え、人間関係において有利な立場に立てるかもしれません。ぜひ試してみてください。