子供を行動させる方法


子供の行動,子供を行動させる子供を行動させる方法を発見しました。ほとんどの子供に共通するある特徴を活用すれば子供は自分から意欲的に行動します。

確証が欲しかったので色んな子供に試してみました。そしたらほぼ全員に効果があったので共有します。あなたの子供にも効果があることを期待しています。

行動して子供のためになることであればどんどん活用してください。

ただ、大きくなるにつれて効果が薄れていきます。とりあえず、6歳までは効果があると思います。

その方法とは、子供を勝ちたくさせることです。

子供は基本的に負けず嫌いです。例外はあまりなく皆負けず嫌いです。

なので、子供が誰かに先行かせると認識すれば必死になって自分が先に立ちたいと行動します。

例えば、ご飯食べない子には次のように訴えかけるとスプーンいっぱいの晩御飯を口に運ぶでしょう。

やった、◯◯ちゃん(君)ご飯食べない。私が先に食べて先に大きくなっちゃおう。

あるいは、

Yea〜、私が先に食べて一位になっちゃおう。

このようにすれば、誰よりも早く大きくなりたい、先にゴールしたい子供の純粋な心に火をつけるわけです。

ポイントは子供が好む将来図を強調することです。例えば、綺麗になるとか、一位になるとか、背が伸びるとか、ヒーロになるとか、自分の子供が憧れているものを強調すると効果が大きいです。

小さい子供は、頭で考えるよりまだ感情や本能で動きます。

生き残るためにできるだけ有利な立場に立ちたい本能です。その本能がそのまま子供の行動に出るわけです。

これと逆な発想で、悪いことをするのを避けるように誘導することもできます。

例えば、爪を噛む癖のある子供をやめさせたい時は否定すれば無効果です。子供も大人も否定に対して否定的な反応をみせるので無効化です。

それより次のようにすれば子供が辞めるでしょう。

爪を噛んでいいよ。お腹が痛くなって明日一緒に病院に行こう。

この時のポイントは、子供が好きじゃないことを強調することです。悪いことをすれば悪いことがありますよと子供に考えさせることが重要です。

言うこと聞かない子どもに言う事を聞かせる簡単な方法も併せて読んでみてください。

mentalism learning mail magezine