9割方以上が賛成してうなずく、命をかけて守るべきものとは


命をかけて守るべきものと言ったら何を一番先に思い浮かべますか。

 

 

家族、友達、愛する人々、愛犬、愛車、愛人。。。?

 

もちろん、人によってこれらの中に一番大事なものがあるかもしれません。

 

でも、もうちょっとエゴになって、もう一回考えてみてください。

 

大体の人が本音を出して、思いつくのが自分でしょう。

 

そうです。

 

命をかけて守るべきなのは、自分自身です。

 

もうちょっと掘り下げて言えば、自分の人生、その主導権を自分で握ることです。

 

一番忘れがちなことですが、どんな時でも忘れないようにしてください。

 

 

僕が影響を受ける39歳の男が次のように訴えています。

 

世の中の変化スピードが速い。

変化に対応出来る人にならないとヤバイ。

自分の方向性を真面目に決めて本気でやり出さないと取り残される。

ヤバイ!

 

 

これは大賛成です。

 

僕もその怖さを日々感じています。

そして、次のように自分に問いかける。

 

自分の人生の主導権を握るのは自分だけですよ。

今はどうでしょうか。

 

と。

 

 

僕のもう一つの顔は、一応コンピューター関係の技術職です。

 

プログラムを書いたり、設計したり、試験したり。

 

 

確かにやれば技術力はつくと思います。

 

 

が、変化スピードが速いという通りプログラミング言語を覚えても十分使わないまま忘れ去られるものもよくある。

 

結局使わないので知識と言えないわけですよ。

 

それに、特に技術職はプロジェクト単位で動くので配属されるプロジェクトが自分のやりたいことをやらない場合、実感として全く無駄な時間になる。

 

充実感もない、ただ時間が過ぎていくだけ。

 

それが忙しいとなれば、最悪です。

 

やりたくないことを一日8時間、9時間、10時間やり続けると想像してみてください。

一日の3分の1、2分の1ですよ。

長すぎるではありませんか。

 

 

それが、1ヶ月、2ヶ月、1年、2年、5年、10年と続くわけですよ。

普通に無駄です。

 

 

一言、最悪じゃないですか。

 

そこで転職を考える人もいますが結局他人のいいなりになる可能性の方が高いから夢見た転職も結局前と同じ道を辿ることになる。

 

 

いい事例もあるが正直暗い方が多い。

 

残念ながら。

 

 

原因は分かりやすくて、主導権が自分にないだからです。

 

よくない状況です。

 

 

で、どうすれば良いのか。

 

 

主導権を握るにはどうすれば良いのかをベースにして一回自分の現状を見つめ直すべきです。

 

このままでいいのか?

 

このままやれば、5年後どうなるのか、10年後どうなるのか、20年後どうなるのか?

 

自分に質問して本気で答えてみるべきです。

 

 

明るい答えなのか、暗い答えなのか。

 

 

明るい答えなら、今やっていることで自分をもっと磨いて突き進めばいいと思います。

 

ただ、警戒心は常にもつべきです。

 

予想外だらけの世界だから、あり得る例外をできるだけ多く想像しておく、それに備えておかないといけない。

 

 

もし、暗い答えなら現状を変えるべきです。

 

あそこにいる田中さん、鈴木さんが変えてくれる訳がない。

それを待っても無駄です。

 

 

自分で自分の人生を変えるための行動をとるべきです。

 

必要があれば、自分が変わるべきです。

 

90度でも、180度でも。

 

主導権は常に自分にあるべきです。

 

 

で、その次は?

やっぱり何をやればいいのか本気で考えるべきです。

 

色々あると思うが、一番の答えは自分が成長できるかどうかです。

 

 

目先の成長じゃなくて、本質的な成長を目指すべきです。

 

 

英語を習得して、イギリス人と完璧にコミュニケーション出来るようになる。

確かに、気持ちも楽になり充実感で満たされます。

 

立派な成長ですが、で、この英語を土台にしてこの先少なくても食っていける何ができるのか。

 

 

もう一本先へ意識を向かせるべきです。

 

 

プログラミング言語も同じで、それを活用して将来に繋がる何ができるのか。

 

具体的に言えば、この先も自分のために動き続ける、使う人のためにもなるどんなシステムを開発すれば良いのか。

 

もう一本先に意識を向かせるべきです。

 

 

心理学を勉強して、将来、何にどのようにいかせるのか。

 

勉強したあとどうなるのか。

 

もう一本先に意識を向かせるべきです。

 

 

いつも持ち歩いているスマホの使い方も同じです。

 

もっといい使い方ないのか。

その使い方を自分のためにスマートに活かせる何かないのか。

 

本当に自分のためになる使い方をしているのか。どう使えば自分のためになるだろうか。

もう一本先に意識を向かせるべきです。

 

 

文書を書くこともです。

時間かけて書いた一文一文が自分のためになっているのか、もしくは読んでくれる人のためになるのか。

 

もう一本先に意識を向かせるべきです。

 

 

つまり、常に本気を出してもう一本先に意識を向かせてやり続けるべきです。

 

本気でやり続けることが非常に大事だと思います。

 

自分にバカ正直になるべきです。

 

そうなれば気分的にだいぶ有利になるはずです。積極さが増すはずです。

 

 

これが主導権を握る唯一の道だと考えています。

 

 

この話題、やっぱり熱くなります。

自分に色々と問いかけたくなります。

 

で、どうする自分?って。

 

色々と偉そうに書いてしまい、反省しておりますが、

全部著者が自分に言い聞かせたことなので気分悪くしないで下さい。笑

 

 

この記事を読んで少しでも体温が上がったならミッションコンプリテッドです。

 

お互いに熱く、真剣に、正直に、そして常に成長を意識しながら頑張りましょう。

 

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です