完璧な人間なんていない、という大嘘


完璧な人間なんていないというのは、大嘘です。

実は、僕は完璧な人です。

と聞いて、コイツ何だよって、なかなか嫌な気持ちになるでしょう。

ま、理由を聞いてください。

世の中は完璧な人間で満ち溢れている。そう言えるには、理由がある。

あなたも、その一人かもしれません。

一般的に思われる完璧な人の事を思い浮かべてみてください。

まず、頭が良い。そして、運動もできて、やることは何でもこなせてしまう。他人に対して親切で、人当たりがいい。

明るいし。考えることが合理的でやることが正しい。運もあり、顔もいい。背もそこそこ高い。筋肉質で持久力がある。

あとは、ちょっとだけ飛べる。

最後のは、欲張りか。笑

僕は、こんな完璧な人間だったら家にこもっていられないです。すぐ外に出て皆に夢を与えたい。笑

問題は、こんな人はいない事だ。

完璧な人なんていないのは大嘘、と言いながら矛盾しているだろう。

もう少し聞いて下さい。

皆には、弱点があり、少なくてもコンプレックスがある。なので、皆から納得される完璧な人間なって、まずいないと断言できます。

Supermanでさえ、Batmanと争って弱いところを見せているからね。笑

一般的に言われる完璧な人は、実は、空想で論外な話なんです。そんな物に憧れを持つのは無意味です。

ここからが僕の意図です。

僕は、完璧じゃない人の中にこそ、完璧な人がいると思っている。

完璧ではない人の中に完璧な人がいる。

皆、たまに失敗するし、出来ないことも沢山ある。出来なくて仕方なく諦めて失望だってする。出来たら嬉しくて誉めてほしい気持ちにもなる。

運動神経が悪くて変な走り方をする人もいる。前歯がコンプレックスで、はげて悩む人もいる。

人に笑われる、よく思われない欠点や弱点は、誰にでもある。

そこは、皆平等です。特別にいじることではない。

では、何を持って完璧な人と言えるでしょうか。

僕の見解は、目標に向かって前向きに行動をし続ける人、努力出来る人こそ完璧な人だと思います。

努力する人こそ、完璧な人。

なぜかと言うと、努力する人の成長は止まりません。どんどん自信がつき、やることは完璧にこなせるようになっていく。

もちろん、出来る事が増えれば、また出来ないことも必ず出てくる。

でも、努力する人は、また挑むんです。それが生きがいだから、諦めません。そんな人に、弱点を強みに変える力がある。

完璧な人の唯一な特徴です。

弱点を強みに変えられる人は完璧な人。

外見のコンプレックスは直せます。

ハゲだって、発毛の技術があるし、生えてくるようになる。ダメだったら坊主頭になっちゃえばいいです。

それでもダメだったら、忘れてしまえば、いいんです。

実は、僕はちょっとだけハゲている。人によって、コイツ、髪の毛ほとんど無いな、という人もいるだろう。笑

生理的なことなので自然な方法で対策うってみるが、ダメなら仕方ないことです。

ここで1つ秘密を教えるが、ハゲたところから新鮮な空気が多めに吸えるからね。笑

背が低いと悩んでいる人がいる。高いところに届かないし、満員電車はいつも人のお尻の所に顔がきて、オナラされたらひとたまりもありません。

一方、背が高くて困っている人もいる。いつも、頭をぶつけるし、見下ろし過ぎて首が痛く困っている。

同じように、太って困る人もいれば、太りたくてたまらない人もいる。

外見なんて、結局、解釈の問題だからね。

外見のコンプレックスは解釈の問題。

考え方の問題に過ぎないから、考え方を変えれば、コンプレックスなんてどうでもよくなる。

実は、友達がミスです。コスモポリタンのミスです。

明るく、前向きで人のいい女性ですが、実は、彼女にも、足が短いと言う長年のコンプレックスがありました。

親にも言われて育ってきたので、そのコンプレックスの事は、信じきっていました。

僕にも打ち明けてくれた。

でも、今の彼女は、人気雑誌のカバーガールを勤める人気者です。

昔の足が短いと言うコンプレックスは、過ぎ去っていき、自分の足は自分をどこまでも運んでくれた仲間なんだ、と言えるまでに心が充実しています。

彼女のように自分のコンプレックスを表明し、コンプレックスを受け入れて、前向きに生きるというのは、相当大きな進化です。

勇気、努力、成長、そして、心の変化です。

意識的に努力し続けられたからこそ、その心の前進を勝ち取れる気がします。

彼女の例は、コンプレックスは、考え方の変化で解決出来る1つの証拠です。

コンプレックスは自分の心で打ち勝つ。

それ以外な方法はない。

もし、悪く言われているなら、悪く言う方が悪いですからね。気にしない方が勝ちです。

頑張る人が皆、完璧な人です。

僕は自分なりに頑張っている自負があるので僕も完璧な人です。

もし、あなたも頑張っている自負があるなら、あなたも完璧な人です。

WE are perfect humanなんです。

冒頭で言った、私は完璧な人です、と言い切ったには、こんな意図がありました。

自信持って、前向きに頑張っていきましょう。

グッドラック。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です