察知力を鍛える方法


察知,察知能力,察知力察知する能力は豊かです。成長するのに欠かせない能力です。

感じる、知る、理解する、気づくなどいろんな感覚が合体されています。たくさん合体されていいことですが、そのどれかが弱くなれば察知力自体が低下するので一つ怖いです。

そして、察知力が低下すれば生命維持も危います。敵の動きを察知してガードしておくとか、危険を察知して備えておくとか、異変を察知して避難するとか、すべて察知力にかかっている。

ここまでは、誰もが知っていることです。当たり前のことです。

 

では、察知力を鍛えましょう、と言われたらどうでしょうか。

おそらく、ノーアイディアの人が多いかと思います。

 

いいアイディアを考えついたから安心してください。

察知力を鍛えるいい方法があります。

 

その方法とは、思春期に戻ることです 🙂

 

はっ、まだ訳のわからないことを言っていると思っているはずです。

 

実は、思春期は自然の法則で起こるだけではあります。意図的に起こす事もできます。

思春期を起こせば、もう既にある大人の知識と混ざり合い、察知力が上がります。

では、どうすれば、思春期を意図的に起こせるのか。

 

方法は簡単で、興味を増やすだけです。

つまり、好奇心を持って触れる事が増えれば、思春期が再現されます。

外から受ける刺激が増えることで、知識や気づき、注意力など察知力に含まれる能力が全体的に上がるはずです。

実感も膨らみます。今まで感じ取れなかったことが感じ取れるようになります。

 

例えば、自然災害から身を守る方法を知りたくて興味を持ったとします。

当然、いろんな災害の事例を調べます。そこで知識が得られます。

そして、知識を得たことによって注意深く周りを観察するようになります。

これが危険を察知する能力を鍛える習慣につながる訳です。

わかりやすい例です。

 

語学に興味を持った例はどうだろうか。

当然語学の勉強をし出します。モチベーションが強いほど、英語に関する情報が以前より多く入ってくるようになります。

英語の看板、英語で書かれた新聞、本、雑誌、英語で話す人々、話の内容に意識が向くので習得するスピードも上がります。

その結果、言語もそうですがその言語関連の出来事に関する察知力が上がります。

このように、察知する能力を意図的にあげることが可能です。

 

いろんなことに興味を持ち、活発的になれれば察知能力が自然と鍛えられます。生き方も楽しくなるはずです。

ぜひ、思春期を再現させて、察知力を上げてください。

 

実は、著者の僕、今現在思春期を楽しんでいます:)

 

かなり多くの事に興味を持つようになりました。増やしたい意図もあるのでどんどん増えています。

もちろん、大人の落ち着きもあるのであっちこっち飛んでいません。自分が必要とする事に限定しています。

やってみれば、自分に向き不向き、将来性など不足情報が明確になるので、不要な事は切りのいいところで捨てることもあります。

自由です。

捨てると言ってもある程度知識を持って離れる感じなのでお得です。

 

自慢話も含めていろいろ話しましたが、思春期に戻り、好奇心を増やせば察知力が上がるという結論づけました。

いかがでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です