小さい事が大きいな結果を生む決定的な証拠


小さい事こそが大きい結果を生む。

名言みたいな言葉ですが、本気でこのように思っています。

今回はその胸の内をわかりやすく分かち合いたいと思います。

 

小さい事こそが大きい結果を生む。

分かるような分からないような気持ちになっているかと思いますが、非常に分かりやすい理由がいくつかあります。

 

まず、我々の健康。

健康状態はほぼ100%日々の自己管理ができているか、出来ていないかで決まります。

栄養のある食べ物食べているのか、毎日ある程度の運動は欠かさないでやっているのか、しっかり寝ているのか、口と足を清潔に保てているのかなど、日々の生活習慣が我々の健康を大きく左右する。

一日で健康が良くなったり、悪化したりしません。一日一日の積み重ねが今の我々の体です。

人には心臓、肝臓、膵臓、胃、手、足、目、爪など色んな体のパーツがある。それぞれ役割が分かれていて、どれかがないと体全体として正しく機能しません。

正しく機能させるには、その一つ一つをケアして行かないといけません。

 

では、知識はどうでしょうか。

これも我々が過ごす一日一日の成果物です。毎日、しっかり勉強して、コツコツ知識を積み重ねているのかで全部決まる。一日で一気に圧倒的な知識を持てたり出来ません。

更に言えば、読んだ本、文書、一言で人の脳力の行方が変わります。思考まで変わることがあり得る。

読むだけではありません。書く、体験する、見る、触れる、その一つ一つが勉強、そして知識になる。

一つ一つが知識を得るというプロセスの一つのパーツです。

 

有名な画家が描いた名作を思い浮かべてみてください。例えば、レオナルド・ダ・ヴィンチの名作、最後の晩餐。

キリストと彼の12人の弟子が食卓を囲むスケールの大きい絵があります。

未完成だと言われているが、ものすごいきめ細かな線で描かれています。13人の男が描かれています。その表情一つ一つが異なり、深い意味合いを持っているらしい。

この複雑な構成の絵も、最初はたったの一本の線を描くところから始まっている。その一本が無かったらこんな立派な作品が出来上がりませんから。

本当に小さい一本の線ですが、どのような作品になるのか決めるだけではなく、作品が出来上がるのか、ゴミ箱に入るのかもこの一本に託されている。

 

もう一つ、伝えておきたい例がある。

日本の誇り、女子レスリングの吉田沙保里(よしださおり)さん。

彼女は世界大会16連覇しています。これでギネス記録に認定もされました。五輪で3回も連続優勝しています。凄い継続力です。

この素晴らしい実績も金メダル一つ一つを積み重ねた結果です。

 

更に言えば、彼女の一日一日の練習で頑張ってきた努力の証です。

彼女の一日一日の厳しい練習がなかったら、こんな素晴らしい実績は間違いなく無かったでしょう。

 

本当に大きな成果ですが、これも試合で見せた一瞬一瞬の集中力、判断力、瞬発力、日々の努力の賜物です。

 

このサイトだって同じです。

一日でこんな沢山の記事は書けません。思いつきもしません。やろうとも思わない。記事を書くアイディアも浮かべません。

これも、日々の勉強、読んだ一冊一冊の力、そして、見て感じた一瞬一瞬の出来事、話した人一人一人、書き過ごして1分、1秒を積み重ねていなければここまでになっていない。

頑張ったんです😃

 

資産を作るプロセスも同じです。

行動がなければ資産は作れません。行動するには、やっぱり無知じゃダメです。

行動するための知識を得るにはどうすれば良いのか。

勉強と経験です。

読んだ本一冊、一冊が知識になり、溜まっていきます。そして、その知識がお互いに繋がり、行動へのヒントになる。アイディアにもなる。やり方も思考できる。

偏ってもおそらくダメです。いろんな知識が入り混じった方が判断材料の幅広くなり、行動が更にしやすくなる。

これも勉強への意識一つで決まる。一言で素晴らしいアイディアも生まれますからね。

 

海だって水滴でできている。

小さいことが大きいものを生み出す決定的な証拠です。

 

色々と小さい事の魅力について伝えました。

大きくみて全体図をイメージするのももちろん大事な事ですが、小さい事がなければ大きい事もない、小さい事から大きい事が始まると言う意識も大事だと思いますね。

小さい事まで気にして、拘りたい物は拘って行きましょう。

小さい事を気にするなと言う人がいれば、無責任な発言ですよと注意してあげてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です