満足の会社を選ぶ方法


従業員の満足度とコミュニケーション実績があり、効率的で人間関係に不満が少ない職場は、仕事する人が誰しも望むことです。

それが生活や自己成長にもつながるので望まない理由はありませんよね。

 

そこで今回は、自分のスタイルに合う、仕事しやすい職場を選ぶコツを紹介します。

メンタリズムラーニング・メルマガ

 

 

それは、職場の従業員間のコミュニケーションの流れを知ることです。

 

コミュニケーションの流れを知れば職場、仕事スタイル、業績が分かる。

 

自分が働いている職場の評価、あるいは、これから入るであろう職場の分析に参考になると思うのでぜひ読んでみてください。

どんな職場なのか明確になるはずです。

 

職場のコミュニケーションの流れには、基本的に4つのパターンがある。

  1. サークル型
  2. オール・チャネル型
  3. 車輪型
  4. Y型

 

図にすれば下記の感じになる。

 

コミュニケーションパターン

 

サークル型

特徴は、一人の従業員が二人の従業員と情報交換するが他の人との間にこのようなコミュニケーションルートがありません。

 

オール・チャネル型

特徴は、従業員が皆お互いにつながりを持ち、それぞれの間にコミュニケーションルートがある。

 

車輪型

特徴は、つなぐ役、あるいはリーダーが一人いて他の従業員とコミュニケーションを持つ。

一人だけが他の従業員と共通のコミュニケーションルートを持ち、それ以外の従業員の間にはコミュニケーションルートがありません。

車輪型はプラス(X)型と呼ばれることもある。

 

Y型

特徴は、車輪型と同じく一人のつなぎ役、あるいはリーダーが真ん中にいてその人とつながりを持つのはサブリーダー的な存在の人になる。

サブリーダーが他の従業員とつながりを持つ。

 

これら、職場のコミュニケーションパターンによって、仕事の進め方が全く異なります。

仕事の効率、生産性、そして従業員の仕事に対する熱意や満足度も異なる。

 

ある研究グループが職場におけるコミュニケーションの流れによって仕事の効率や従業員の自己満足にどのような差が生じるのか調査したところ明確な違いが現れた。

 

仕事の効率観点から言えば、車輪型とY型は強力なリーダーがいれば指示も適切になり、作業に要する時間が短くて済むので業績がいい。

しかし、従業員は仕事を他人にやらされているという実感が強く、自分の仕事に対する満足度が低い。

 

業績がいいという魅力に惹かれて入社する人も多いが従業員の熱意が時間が経つにつれて薄れるため退職も多いのが特徴です。

 

一方、サークル型とオール・チャネル型では強力なリーダーという存在がいなく、メンバー全員が協力して仕事をすることになるので仕事の効率が車輪型やY型に対して落ちる。

 

しかし、メンバー同士がつながりを持つため職場の人間関係が充実する。

それが仕事や職場に対する満足につながる。

 

自分の仕事に直接かかわってやっているという実感が強く、仕事が終わった時の達成感も大きいようです。

 

なぜ、サークル型やオール・チャネル型の仕事の効率が落ちるのか。

 

その理由は、以前紹介した力を合わすと弱くなるの通り、人間が集団行動をとる時に現れる次の2つの現象にある。

  1. 社会的手抜き
  2. リスキーシフト

 

社会的手抜きとリスキーシフトとはどうは言うものなのか、上記の記事を読めば分かるが、省略すれば、大勢でやると力が弱くなる心理が我々人間にあって、それが色んな集団行動に影響をする。

なので、サークル型やオール・チャネル型は、仕事の効率面で良くない場合もある。

 

 

等、職場のコミュニケーションの流れを見ればその職場は自分にスタイル、希望に合うところなのか想像つくと思います。

 

車輪型やY型は、仕事は効率的ですが働く人の仕事に対する満足度、充実感が低い。

全てリーダー次第になる。リーダーの能力が優れていれば車輪型とY型が力を発揮するがリーダーがいまいちだと当然ながら仕事の効率が悪い。

 

一方、サークル型やオール・チャネル型は、仕事の効率は低いが従業員一人一人の仕事に対する熱意や充実感が大きい。

仕事に対するストレスが最も少ないと言える。

 

職場選び、就職活動にこのあたりは注意深くみた方がいいと思います。

大体の会社は社風をいい風に見せたいものです。

なので、そこは自分の責任で状況を判断し、分析してみれば相手会社の幹部も気づいていない会社の事情を知るかもしれません。

ズル賢い態度をとれば、そのあたりの実感や情報は相手からしてみれば弱点に当たる。

しかも、まだ気づいていない点なのでこちらが有利になる。

つまり、自分のためになる選択ができるということです。

 

もし、特定の会社の事情を知りたければ、従業員間のコミュニケーションの流れに注目してみてください。

その会社について多くのことが直ぐわかると思います。