心の乱れを発見する2つの方法(意外な方法でほぼ実証済み)


心の乱れは厄介です。行動に直接影響するから早期発見と早期処置が必要です。

そして、落ち着きを取り戻し、正常行動に繋げるべきです。

そこで、心の乱れを発見する2つの方法を紹介します。

メンタリズムラーニング・メルマガ

心の乱れは意外なところに出るので、注意深く自分を観察してみてください。

 

心の乱れを発見する方法:自分の字を確認すること。

字を書くことは、ほぼ習慣に行事です。字の形とか、書きっぷりは頻繁に変わることはありません。

毎回、異なる形の字を書かないですよね。学習の段階で自分のスタイルが決まります。

 

でも、時々、字が汚くなったと思うことありませんか。

心の動揺_字が汚い

字の形がいつもとなんか違う。線の勢いも、バランス感も自分独自スタイルと比べて何となく違う。

 

あれは、心の揺れです。動揺する何かがある証拠です。

そして、心の動揺が強いほど潜在意識に影響を与えるので、ブレが大きくなる。

自信失ってマイペースが崩れた合図かもしれないです。

最近、字がおかしいと思うことがあれば、自分の心理状態を今一度整理してみてください。

心の動揺がどこからきているのか簡単に発見できると思います。

 

僕の字は中のちょっと上です。だが、時々、凄く字が下手になる。

線が揺れているし、薄いし、小さいし、しょっちゅう言葉を不自然な所で切らないといけなくなる。

 

その時に限って、神経が拡散され集中出来ていないんですよ。

頭の中が勢いよく発射された花火状態であることはわかりますね。笑

 

 

心の動揺を発見する方法:コーヒーをこぼすか観察すること。

コーヒーでも何でもいいですが、カップコーヒーを持ち歩いている時、足を踏む度にこぼれそうになって、お〜ってなることありませんか。

最悪、溢れて昨日アイロンかけたカッコいいズボンをコーヒー染みにしてしまう経験はありませんか。

 

これも、心の揺れです。動揺する何かある証拠です。

自信失ってマイペースが崩れた合図かもしれないです。

 

心の動きは、行動に直接影響を与える。動揺が大きいほど、そのブレが大きくなる。

 

僕の体のバランスも中の上位です。

いや、最高に近いかもしれない。

だが、時々、持ったカップコーヒーが一歩踏む度に溢れそうになり、コーヒーの波を落ち着くまで体を波と同じ方向に微妙に動かし5秒位待たないといけなくなる。

やっぱり、神経が拡散され集中出来ていないことが分かりますね。

頭の中が勢いよく発射された花火状態であることは分かりますね。笑

何かに動揺しているんですよね。

 

こんな症状があれば、自信復活病院に通った方がいいかもしれないですね。笑

そんな病院はないので、先生はもちろん自分になる。

 

今回紹介した2つの方法は、長い間観察した結果です。

ほぼ正確に状況が把握できると思います。

 

僕らは、色んな部品を組み立てた一種のシステムです。

心とか体とか。

部品一つ壊れれば他の部品が不具合を起こす。それが機能全体に影響与える。

 

虫歯になれば、胃がおかしくなる。胃がおかしくなれば腸もおかしくなる。

消化器がダメになれば吸収機能が乱れ、身体中がダメになる。

その逆もある。

 

心という見えない機能も同じです。

緊張すれば考える力が衰弱し、行動が乱れる。

罪を起こせば罪悪感で行動が乱れる。

息が静まり動揺しやすくなる。あるいは、荒くなり落ち着きがなくなる。

 

男であれば、男機能が壊れ、生物的な活力を失う。

 

我々の体と心は、色々と精密に繋がっているので、心の動揺が体に現れたり、体調が心に影響与え、行動に反映されたりすることは大いにあります。

今回観察した結果、良い所ついたかもしれない。

本当に良いところついたかもしれない。笑

 

こんな観点で自分を観察してみてください。深刻な心の乱れに気づくかもしれない。

もし、気づくところがあれば自分の周りの家族、友達、同僚、上司に心が乱れていませんか、集中力かけていませんか、心配事ありませんか、と声かけてあげてください。

実はなって、話始めるでしょう。

 

ま、まず自分です。自己管理が優先です。

この記事に対して意見があれば是非コメントを書いてください。ソーシャル拡散も嬉しいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です