性格を変えたい人がやるべき事とは


性格を変えたいと思ったことありますか。

正直誰にでも少なからず、そのように思ってしまう瞬間があると思います。

mentalism learning mail magezine

 

そこで、性格を変えたい人がやるべきことを紹介します。

この方法を知れば、納得した瞬間から自分の性格を変えるように行動するはずです。

 

性格は何によって決まると思いますか。

 

経験、体験、環境、遺伝など色々説あります。

そもそも、性格は変わるのか、変わらないのか。意見が対立する。

 

僕は、性格は変わるものだと思っています。

自分も変わっているし、自分の周りにも劇的に変わった人もいるから、性格は変えられるものだと確信しています。

変えるのは、そこまで難しいことではありません。

ちょっと常識を外して考えれば、簡単に変えられることがわかります。

 

 

実は、性格はそうしたいとしている事です。

そのようにしたいと思っていることが行動として現れているのは、性格です。

その理由は、単純です。

人は思ってないことをやらないからです。

無意識にやる事は、本能的に反応する防御姿勢と逃走姿勢のみです。

これ以外は、思っていない事をしてしまう事は基本的にあり得ないです。

 

毎日ハッピーで当たりのいい人はそうしたいとしているからです。

毎日、思いやりのある行動をする暖かい人は、そのようにしたいからしているだけで、自然にそんな素晴らしい行動をとっている訳ではありません。

思いやりのある行動をしようと意識しているからこそできる事です。

 

その逆も言える。

いつも不機嫌な人も不機嫌にしようとしているからです。

なんか知らないけど不機嫌になる事は基本的にありえません。

これも、考えないことはやらないからです。

 

 

自分の運命を決めるのは自分しかいない、とおっしゃる知識人達はおそらくこの辺りを訴えているのだと思う。

 

となれば、話は簡単です。

 

性格を変えたいと思っているなら、なりたいようにすればいいです。

優しい人になろうと思っているなら、優しい人の行動をすれば良いです。

 

責任感のある芯の強い人になろうと思っているなら、そのようにしっかりした行動をすれば良いです。

自分がなりたいように行動すれば、性格も、表情も、振る舞いも変わるはずです。

健康体にこだわり、体を大事にした行動をすれば体が健康になっていきます。

体にいいものを食べれば、栄養になる。

体に悪いものを食べれば、毒にもなる。

 

運動すれば、体が強くなり、環境変動に耐えられる体づくりができます。

運動しなければ、骨から何から不健康になり、最終的に死に至るでしょう。

 

正しく休めば、調子が良くなり、休めなければ、調子が悪くなる。

 

 

性格もこれと同じように、自分の行動に左右される。

 

結論として、一言だけ言っておきたいです。

自分の性格は自分で決めよう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です