我慢強い人は長生きしない


我慢強い人は長生きしない。ふっと、そう思いました。

その心は、単純に我慢は体に悪いからです。

本来吐き出してしまうべきネガティブエネルギーを自分の中に閉じ込めるのでストレスは溜まりやすい。

そして、我慢が強いほどストレスの度合いが濃くなり、長生きしないという訳です。

でも、もうちょっと深掘りすれば1つ面白い事実が分かります。

ご存知の通り、ストレスは万病の元。

特に誰かに怒られて我慢することは最悪です。相手への不満と怒られる自分への怒りが重なるので心理的ダメージか大きい。

ここは、自分の身は自分で守るという姿勢が大事です。

自分が悪いことしちゃった時は怒られて仕方ないが、それ以外の時は人に怒られてはいけません。相手がなぜ自分に怒りをぶつけているのか明確にしたほうがいいです。

誤解かもしれないし、愛の説教かもしれないし、あるいは自分のことを憎んでいるかもしれない。

明確にしないで怒られるだけじゃもったいないです。冷静になって相手の怒った原因を聞いてみましょう。

怒る人は冷静な人のことが苦手です。

想像と違う反応をみて慌ただしくなります。立場的に冷静な人の方が上になります。

と言いながらも、著者の私は恐ろしく我慢強いですが、ある時から、人間関係に対する我慢強さという「ハンディ」をやめることにしました。不満を閉じ込めずに思ったことを表現する、そして、問題はその場で解決していこうという姿勢に変えました。

結果は歴然です。

気持ちはスッキリします。自分自身が怒らない、そして相手の不満も直ぐわかる、問題は引きずらない。いい事づくしです。笑

ここで一つ気づいたのは、人は以外と正直な生き物という事。

こっちが正直になれば例外なく相手も正直になり、真剣な話が出来る。あなたのこういうところに不満があります、よくないですと正直に教えてくれます。

真剣に聞いているから、聞く耳を持つ人という印象を与えるからでしょうか。

文句あればその場で決着つけられるし、申し訳ない言動してしまった場合は直ぐに謝ることも出来ます。お互いにスッキリした気持ちで終われます。

気持ちいいのは、この一連のやり取りの後、ほとんどの場合仲良くなります。

ま、とにかく我慢はよくありません。

お前は何だよ、と喧嘩してくださいと言っている訳ではありません。我慢しないといけなくなった状況をその場で解決しましょうということです。

意味のないやり取りをずるずる続けるほど馬鹿げたことありません。一刻も早く主導権を握って立ちきった方がいいです。

お互い気持ちいいし、仲良くなれる。ストレスもためないので健康にいいです。長生きします。

それでも怒って止まなければ、鏡を用意してください。ミラーリングという怒りをおさえる方法がある。面白いように相手の怒りが収まります。