我慢強い人は長生きしない


我慢強い人我慢強い人は長生きしない。ふっと、そう思いました。

 

その心は、単純に我慢は体に悪いからです。

 

本来吐き出してしまうべきネガティブエネルギーを自分の中に閉じ込めるのでストレスは溜まりやすい。

我慢が強いほど、ストレスの度合いが濃くなる。

 

そして、ご存知の通り、ストレスは万病の元なので我慢強い人が長生きしないという筋になるわけです。

 

特に誰かに怒られて我慢することは最悪です。相手への不満と怒られる自分への怒りが重なるのでダメージか大きい。単純にストレスが倍になる。

自分の身は自分で守るという考え方を忘れないでください。

 

自分が悪いことしちゃった時は怒られて仕方ないが、それ以外の時は人に怒られてはいけません。相手がなぜ自分に怒りをぶつけているのか明確にしたほうがいいです。

 

もしかしたら、誤解かもしれないし、自分のための愛の説教かもしれないし、あるいは自分のことを憎んでいるかもしれない。

明確にしないで怒られるだけじゃもったいないです。冷静になって相手の怒った原因を聞いてみましょう。

 

怒る人は冷静な人が苦手です。

想像と違う反応をみて慌ただしくなります。立場的に冷静な人の方が上になります。

 

と言いながらも、著者の私は恐ろしく我慢強い人です。人に怒られてしまえば、対抗するのを避けて黙って聞いてしまう癖がある。我慢強さに美徳すら感じてしまう。

おさまるまで待とうかと我慢できてしまうんです。

 

できるというより、やってしまう。そのあとのダメージは大きいわけですよ。

 

何で怒られたか、なんか悪いことしたかと考え込んでしまう。これは、正直もったいない時間です。

 

ま、ひと昔の僕の話ですけど。

ある時から、人間関係に対する我慢強さという「ハンディ」をやめることにしました。不満を閉じ込めずに思ったことを表現する、そして、問題はその場で解決していこうって。

 

結果は歴然です。

気持ちがいつもスッキリします。自分が怒らない、そして相手が何に不満を感じたか直ぐわかる。問題は引きずらない。内心いつも勝った気分です。 笑

 

ここで一つ気づいたのは、人は以外と正直です。

正直に聞いたことは例外なく正直に答えてくれます。あなたのこういうところに不満があります、よくないですと正直に教えてくれます。

 

真剣に聞けば聞く耳を持つ人という印象を与えるから相手も真剣になって反応してくれるのです。

文句あればその場で決着つけられるし、申し訳ない言動してしまった場合は直ぐに謝ることも出来ます。お互いにスッキリした気持ちで終われます。

気持ちいいのは、この一連のやり取りの後ほとんどの場合仲良くなります。

これこそ活きた人間関係だと思います。

 

我慢はよくありません。

 

お前は何だよと喧嘩してくださいと言っている訳ではありません。我慢しないといけなくなった状況をその場で解決しましょうということです。

意味のないやり取りをずるずる続けるほど馬鹿げたことありません。一刻も早く主導権を握って立ちきった方がいいです。

お互い気持ちいいし、仲良くなれる。ストレスたまらないので健康にいいです。長生きします。

 

それでも怒って止まなければ、ミラーリングという怒りをおさえる方法を試してみてください。面白いように相手の怒りが収まります。