経験豊富な教師が教える人を納得させる方法


人を納得させる方法

人を納得させる、説得するには至難な技が要る。簡単なことではありません。

そこで今回は、経験豊富な教師が長年の経験で身につけた生徒を納得させる方法を一つ紹介します。

実験でも効果が証明された方法なので是非活用してみてください。

ビジネス、恋愛、人間関係、子育てなどあらゆるところで通用する話です。

 

経験豊富な教師が教える人を納得させる方法とは同じことを3回繰り返すという簡単なものです。

 

同じことを3回繰り返す。

 

まず1回目は、教師は大事なポイントを説明しながら教科書を読み生徒の耳から情報を入れます。

この段階では、ほとんどの生徒は教師の読んだ内容を右から左に受け流す状態です。

 

2回目は、教師は先ほど読んだ内容を復習しながら黒板に書きうつして説明していきます。

この段階では生徒の耳と目の両方から情報が入るので教師の教えたことを思い出せる状態になる。

そういえば、先生が教えていた、確かに◯◯という内容だったと思い出せるレベルになる。

 

そして3回目の繰り返しで経験豊富な教師は自分で主役として終わるのではなく生徒にも積極的に参加してもらう。

生徒に自分が教えた内容を復習させ、教えたことについてどう思っているのか意見を求める。

間違っていれば説明し直す。

 

このように生徒は自分から発言することで自分の知識として認識するようになる。

生徒がここで初めて自分から、自分の意見も含めて先生の教えたことを話せるようになる。

インプットとアウトプットの正しい比率です。

先生が教えたことではなく完全に自分の知識となるわけです。

 

まとめると、一回目は教える内容を読んで聞かせる、2回目は同じ内容を繰り返し読みながら黒板に書いて見せる、そして3回目は生徒に同じ内容を繰り返し話して、あるいは読んでもらう。

 

こうすることで生徒が情報インプットだけではなくアウトプットも出来るので自分の知識として受け入れるわけです。

3段階に渡って同じ情報をインプットしているので納得にもつながる。

 

この裏付けとなるような実験がアメリカのケント州立大学で行われている。

 

ある映像を実験の参加者に見せる。

映像にはビニールの手袋をはめていない人が歩いているが「あの手袋は指紋を隠すためだよ」と真実と異なる情報を伝えます。

 

そして、結果をまとめたところ、間違った内容を1回だけ聞いた人より3回繰り返し聞いた人の方が6倍以上誤った情報に納得し、そのまま事実として受け入れたという。

 

つまり、誤った記憶に支配されたというわけです。

これは日常的にも通用するテクニックです。

 

例えば、相手を3回同じ内容で褒めてみてください。

相手が子供だったら素直に一回目で喜ぶが大人になればそうも行かなくなる。

1回目で、褒めてくれて嬉しいがただの世辞かもしれないという疑いの気持ちの方が大きい。

2回目の褒めとなると本当に褒められているかもしれないと以前より意識を向けるようになる。

そして、さらに褒めると違和感がなくなり、素直に褒められたことを認めるようになる。

好きな人に気持ちを伝えることにも効果が期待出来る。1回告白してダメだったら諦めずに3回までやることです。

本当に好きなんだなと心が許してくれる可能性が大きくなる。

 

説得力を高めたいと思っている方は下記の記事も合わせて読んでみてください。

自分が楽になるヒントは得られると思います。

mentalism learning mail magezine