英語が話せない日本人が持つ3つの心のブロック


日本人は英語が下手です。

 

と言われ、あっさり認めてしまう日本人がいます。あなたは、その一人ではありませんか。

でも、外からみればそれは単なる誤解に過ぎない。

実は日本人は英語が結構得意です。

 

今回は、英語が下手だと思い込む日本人の心理を明確にします。これに気づけば、英語に対する苦手意識は吹っ飛ぶでしょう。

 

実は、日本の英語教育のスタンダードは高いですよ。

日頃、こんな多くの英単語を普通に使っている国はさほどない。英語の教育年数もある。

英語を聞く機会は多いので、実は耳が英語慣れしています。

 

それに、記憶するのが得意な国民性があるので単語もたくさん覚えている。

日本ほど英語教育水準が高い国は少ないと思います。

 

これだけの知識を持っていながら、日本人はなぜ英語が話せないのか。

 

答えは、心のブロックです。

不得意ではなく、不得意と思い込む心理的ブロックです。

 

このブロックを壊せば、英語に対する苦手意識がなくなり、猛スピードで上達できることは間違いないと思います。

 

では、日本人を英語下手にするその心理的ブロックとは何だろうか。

3つあります。実感のままお伝えしますね。

どうか心のご準備を。笑

 

 

1. 日本語があれば安心

日本は生活水準が高い分日本語だけで生きていけるという安心感がある。

悪く言えば、ハングリ精神が足りない。

 

この安心感は、落ち着きを与えるのでいい影響はあるが言語習得には向いていない考え方です。

言語習得には、がむしゃらさ、泥臭さが必要です。

 

外人と日本人と同じ空間で生活した経験から言えば、外人の方が英語を積極的に使おうとする。

その分、英語上達が早い。

本当に早い。

 

僕の知り合いのセネガル人がいる。

母国では、フランス語で話すが、英語の教育レベルが低く話せる人が少ないと言います。

 

外人寮で一緒に生活していた時、彼の英語習得に対する姿勢は素晴らしかった。

フランス語特有のなまりを交えながらでも、言いたいことは必ず言えるまで英語にこだわっていた。

Ugh〜、Dhu〜がたくさん出ても、相手に聞いてくれるよう要請して英語で話し続けた。

 

みるみる、英語が上達するんですよ。

 

一方、日本の学生の場合は、一回チャレンジするがつまづいたらすぐ日本語に切り替えます。

英語で話そうと目的を持って外人用の学生寮まで来るが結局日本語を教えている。

自分より相手を優先できる心の余裕、優しさが行動に滲み出る。

 

また、面倒臭いから日本語で話を進めて主導権を握り戻そうとする学生もいる。

伝えたいことを伝えて、その場、気楽になるが当然英語は身に付きません。

 

環境のせいでしょうか。日本で生活している間、日本語があれば問題ないという無意識が働く。

やっぱり、この無意識を改善するか、日本語が全く通じない海外で語学の勉強するか。

二つの内一つです。

 

もし、日本で語学の勉強をすると思っているなら、意識の改善しかない。

 

 

2. 完璧にやりたい

日本人は基本的に完璧主義です。

 

仕事の現場に出て感じたことですが、仕事の進め方が丁寧で細かい。隅々までこだわる。

ソフトウエア・エンジニアの場合は、一人一人が自分のプログラミングの形を持っている。

文字、数字、記号、点、線、ライン、空白にこだわる。

それが正確さを求めるものづくりの現場では、なくてはならない物なので見る僕には結構勉強になったりする。

 

でも、言語習得となれば、それほど正確さは求められない。

言語はコミュニケーションツール程度に考えれば、通じるだけでいいという世界です。

 

日本人には、正しい英語で話したい姿勢がある。

それが出来なければ、なかなか英語で話そうとしない。言い方、文法一つとして正しく完璧に言える自信がなければ積極的に使おうとしない。

 

使う努力はするが間違った方向に行ったとたんにすぐ日本語に切り替えて日本語で通そうとする。

ハングリ精神が強く無いので諦めが早く、一回失敗してしまえば、直ぐのリトライは滅多にしない。

 

外人の場合は、間違った英語でも気にしないで使ってしまう。日本語も同じです。

そんな人が多い。

その分、外語慣れが早く、気づいたら英語が上手になっているケースもよくある。

覚えないといけないではなく、使わないといけない姿勢の違いだと思います。

 

3. 失敗したくない

日本人は心配性です。

失敗を恐れる国民性があると主張する学者もいる。

日本人の心配性は、遺伝性によるものだと主張している。

 

脳内にはセロトニンという神経伝達物質があって、分泌量が多ければ気持ちの落ち着き、安心感をもたらすが、少なければ物事に対して不安になる。

日本人は、そのセロトニンの分泌量が少ないから不安になりやすいらしい。

本当か嘘かわかりませんがこんな話もある。

 

なので、安全性や正確さへのこだわりが他国と比較してずば抜けて高い。

他の国も参考にしないといけない大事な特質ですが、失敗を恐れると行動が遠くなるというところもある。

 

言うまでもないが、その行動がなければ進歩はもちろんない。

語学に関していえば、言葉にいつもブロックがかかった状態が続く訳です。

言いたいが、口を手で防ぐ。

間違った文法、間違った発音、間違った単語の使い方を気にし過ぎれば話が難しくなる。

本性が伝わらない単語をつなげただけのBLAH、BLAHになる。

 

ここまで、個人的な感想や実感を一方的に伝えました。

心当たりあるでしょうか。

それは違うよと言う意見もあると思いますが、語学力が上がらないのは結局心の問題だと思いますね。

 

上手になりたいと思えば、どんな人もなれます。

勤勉な日本人は、なおさらです。

今回紹介した3つの心理的ブロック、それ以外実感するあらゆる心のブロックを除外できれば外国語なんかは直ぐ話せるようになれます。

お互い頑張っていきましょう。僕もあと、5ヶ国語くらい話せるようになりたい。笑

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です