英語が話せない日本人の3つの心理ブロック


日本人の英語日本人は英語が下手です。

と言われ、あっさり認めてしまう日本人がいます。

でも、外からみればそれは単なる誤解です。実は日本人は英語が結構得意です。

カタカナ英語もあるし、日頃多くの英単語を普通のように使っている。英語の教育年数も長いので耳が慣れている。記憶するのが得意な国民性があるので単語もたくさん覚えている。

日本ほど英語教育の水準が高い国は少ないと思います。英語知識が十分足りているということです。少なくてもアジアではトップレベルです。

これだけの知識を持っているのに日本人はなぜ英語が話せないのか。

答えは気持ちの他ならない。心理的ブロックが原因で話さないのです。話せないではなく話さないのです。

このブロックを壊せば多くの人が短い期間で英語が上手に話せるようになることは間違い無いはずです。心理学で英語力UPです。

では、日本人を英語下手にする心理ブロックとはどのようなものでしょうか。

1. 日本語があるという安心感

日本は生活水準が高い分日本語だけで生きていけるという安心感がある。悪く言えば、ハングリ精神が足り無いということです。

落ち着きを与えるのでいい影響はあるが言語習得にはこの安心感は不要です。

実際に外人と日本人と同じ空間で生活した経験から言えば、外人の方が英語を積極的に使おうとする。その分、英語上達が早い。日本人の場合は、できれば日本語で話を進めて主導権を握るようにする。

伝えたいことが伝えて、その場気楽ですが当然英語は身に付きません。

日本語があれば問題ないという無意識があるので英語が話せないという悔しさみたいなものすら感じられません。

2. 日本人は完璧を求める

日本人は基本的に完璧主義です。仕事の進め方も細かい。隅々までこだわる。

その特徴が英語の勉強でも現れる。

というのは、日本人は正しい英語で話せないことを知っていればなかなか英語で話そうとしない。言い方、文法一つとして正しく完璧に言える自信がなければ積極的に使おうとしない。たまに使う努力はするが間違った方向に行ったとたんにすぐ日本語に切り替えて日本語で通そうとする。

ハングリ精神が強く無いので諦めが早く、一回失敗してしまえば、直ぐのリトライは滅多にしない。

外人の場合は、間違った英語でも気にしないで使っちゃう傾向がある。その分、英語慣れが早く、気づいたら英語が上手になっているケースがよくある。

覚えないといけないではなく、使わないといけない気持ちです。

3. 日本人は失敗を恐れる

日本人には失敗を恐れる国民性があります。なので、正確さへのこだわりが他国と比較してずば抜けて高い。

失敗しないやり方はいいですが、失敗を恐れて行動しないといつまでたっても行動しません。

間違った文法、間違った発音、間違った単語の使い方をすることを恐れてなかなか話そうとしない。特に日本人が複数いる場所ではこの傾向が強い。

日本人の心配性の正確は遺伝性によるものだと主張する学者もいます。

脳内にはセロトニンという神経伝達物質があって、分泌量が多ければ気持ちが落ち着き安心感をもてるそうです。その逆は不安になる。

実は日本人はセロトニンの分泌量が少ないから不安になりやすいらしい。本当か嘘かわかりませんがこんな話もある。

ここまで、個人的な感想でした。

その他、英語で話せるようになりたい人向けに書かれたなぜ私たちは3ヶ月で英語が話せるようになったのかという書籍があります。紹介します。

heqd

勤勉な日本人がなぜ、英語の勉強をしても話せるようにならないのかこと細かく分析して書かれています。

その弱点を自分の中から追い出してやれば英語が話せるようになること間違いないと思います。

本を手に入れて勉強してみてください。弱点が明確になれば英語の上達スピードが圧倒的に変わるでしょう。

以上。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です