最もパワフルな先読み力


先読む,先読む力最もパワフルな先読み力とは何のことだろうか。

いろんなアイディアが頭の中を飛び回っているところだと思います。

今日はこのあたりについて、簡潔に意見交換します。

 

我々には、先を読む力は確かに必要です。少しでも将来を生きる能力があれば助かる事もあり得る。

失敗を避ける事や命を救う事もできるだろう。

2秒先位をわかるだけで人生は劇的に変わる事は間違いと思います。

 

でも、我々には、現実的に先を正確に読む力は欠けている。

なぜなら、我々には生きる現在という空間があり、その空間からはみ出る運命はない。一部マトリックスの世界を実感できる超能力者がいるという噂は聞きますが、基本的に我々凡人にはそんな運命はないです。笑

 

著者の僕、バスケに夢中になっていた頃は試合中、相手の動きを大体先読み出来ていた。

足を置いた角度、ボールを持った手、目の動き、顔の向き、相手味方同士の掛け合う言葉、立ち位置、試合の時間帯など、いろんな要素を考慮すれば次の動き、試合の流れをだいたい予測できた。

出来たというか、過去の経験を組み合わせて、相手が取る可能な動きを想像する癖がついてしまうんですよね。

 

そして、活躍場を広げ社会に出た今は、残念ながら訳が違う。

2年後どうなるんだろうと期待も不安もたっぷりある。2年所か2分先の事もブラックボックスの中です。

バスケもやらなくなり、感覚ゼロの今は2秒先の相手の動きも読めなくなったでしょうね。自信がない。笑

 

でも、今でも先読みできる言えることが一つだけあります。

これが僕が考える一番パワフルな先読み力です。

 

それは、やらなければ何もならないってことです。

これならどんな状況下でも、見事に先読みができる。

やっていない、努力していない事は期待しても無駄です。

一番シンプルだが一番頼れる力だと思いますね。

 

この先読みが出来れば他の予測能力はもういいかな。人の動き読めるなんかは余計な能力です。まず自分の言動に集中しなきゃ本物の自分に到底会えないでしょう。

「やらなければ何もならない」を理解していれば十分だと思います。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です