諦めが早い現代人が聞くべきマイケルジョーダンの名言


靴になった男,マイケルジョーダン名言バスケ界の神様と言われる男、マイケルジョーダンのある名言を紹介します。

気さくで現代人が最も知るべき言葉だと思うので読んで一つ考えてみてください。

 

マイケルジョーダンはバスケ界のトップに訓練し、20年あまり大活躍しました。

死んでないのに神様と呼ばれる人はさほどいない。

そして、靴になった男もさほどいない。

ジョーダンは神様と呼ばれ、靴にもなりました。

 

彼の素晴らしいプレー、ゲーム終盤で発揮される精神力、コート内外で見せる彼のスポーツマンシップがファンの心をがっちり掴みました。

 

そのジョーダンが現役時代に非常にこだわっていたことがある。

 

それは、習慣です。

 

毎日毎日同じことをやり続ける最も簡単なことですが、これこそ集中力に欠けている現代人に必要なことだと思います。

 

継続力と言ったりもする。

そして、ジョーダンが現役時代にこだわった、習慣についてある名言を残しています。

 

NBAの選手の中にはもちろん才能に溢れる者も沢山いる。

 

彼らのプレーを見て僕でもそのようになりたいと思うことがある。

 

時には羨ましいなと嫉妬を覚えることさえある。笑

 

でも、その才能も努力なしでは花咲しないだろう。

 

いくら才能があるとは言え、充実させて、本物の自分の力にしていかなければ錆びるように台無しになることも多いにある。

その怖さもあるから僕も毎日自分の力を磨いてきたつもりです。

 

毎日バスケに触れ、楽しみながら覚えていく。

毎日です。

 

毎日やらないことには進歩がないことは信じきっている。

 

全ては継続力なんです。継続力こそが本物の力だと思うんだ。

 

憧れの存在がこのように気さくにかかりかけると力が湧く感じがします。

彼だからこそ重みがある言葉ではあるが、毎日やらないと進歩がないことは個人的には大賛成です。

 

やり続けて、それを習慣にしてこそ人と差がつく。

 

ジョーダンの名言は十分説得力ある。

 

書くことも同じです。

僕、書く習慣を身に付けるため日々努力しているつもりです。

続けることは難しい。

 

何かしらの形で毎日成果物を残さないと特に僕みたいな初心者は無力さを感じる事はたくさんある。

毎日書いているなと思い、油断すると書くプロセスがすごく難しくなる感じがある。

毎日書いて何とか調子を保てている実感がありますね。

 

やっぱり成長できる実感がある事は続けた方がいいと思います。

 

難しいことをやり遂げたという実感が力になるので書いていこうと思いますね。

あなたも、何か打ち込めるものがあればぜひ打ち込んで、継続させて自分の力にしてみてください。

 

ちょっとためになったと思ったら、これがあれば成功しますも読んでくてください。

成功するために一番必要なことが書かれています。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です