どんな人も食いつく、人間が一番盛り上がる3つの話題


我々が一番盛り上がる話題はなんだと思いますか。

人は、どんな話に一番食いつくと思います。

一番話したいこと、一番聞きたいことは何だと思いますか。

 

大きい、小さい、真面目、不真面目、面白い、面白くない、色んな意見はあると思いますが、我々が3つの話題に一番盛り上がると考えています。

この3つにフォーカスを当てて話せば、だいたい人が話に食いついてくると思います。

 

おそらく、いい線ついていると確信しています。

 

その3つの話題とは次の3つです。

  1. 生きる話題
  2. 生かせる話題
  3. 脳が楽になる話題です

 

たったこの3つの話題ですが、我々人間が求める全ての情報がここに詰まっている。

そして、お互いが求める話題は盛り上がりを誘うし、人間関係も充実します。

相手を惹きつける材料にもなれる。

 

では、人間が一番盛り上がる話題を一つ一つ紹介します。

 

1. 生きる話題

これは生きていくために何が必要かという話です。

ちゃんと食べて生きるか、愛情いっぱい注がれて生きるか、健康で安全に暮らせるかなど欠ければ生命を脅かす重要な話題です。

 

現代社会の仕組みはお金を土台に回っている。

食べて生きるには当然お金が必要です。うまいお金儲けの話にはみんな敏感でそして真剣に食いつく。

それだけ、不安を抱えながら、努力をしているわけです。

 

しかも、生きる時間が限られているので出来るだけ楽に早く稼げる話にはみんなクギ付けになる。

 

生きる為のもう一つの重要な話題は愛情です。

人は食べ物があっても愛情がなければ感情豊かに生きることはできません。

 

お母さんの愛情、お父さんの愛情、妻や夫の愛情、子供の愛情、兄弟や友達、恋人の愛情は話題が膨らむ永遠のテーマです。

心が一番影響を受けやすいのは愛情の話題でもある。

 

そして、健康の話や安全に生きる話も人間の興味を引く。

いくら食べ物があり、愛情で溢れていても健康状態じゃない、安全に生きられなければ意味ありません。

事件の話題、事故の話題を聞きたがるのも好きでではなく警戒心を持ちたいという意識の表れです。

 

2. 生かせる話

分かりやすく言えば子孫を残す、育てる欲求の話です。

さらに言えば、健康でたくましい子孫が欲しいので異性の話題やセックスの話題も食いつく。

成人は例外なく、食いつきます。

 

セックスは子孫を残す唯一の手段なので無意識に食いつく。いやらしいというより本能的に食いついているわけです。

真面目な話題は上の生きる話題と生かせる話題で終わります。この2つの話題は真剣になるので疲れます。

その疲れを癒す話題もみんな欲しがる。

そこで、最後は脳が楽になる話題です

 

3. 脳が楽になる話題

人間は脳が楽になる話題に無条件に食いつく。

お笑い、スポーツ、音楽、趣味、美味しいご飯、それに異性への関心の話、嫌らしい話も人が食いつく脳が楽になる話題です。

 

脳はできるだけ楽をしたい臓器です。

息抜きできる話題がどこにあるかいつも探っている。一回楽になる話題に食いつけば麻薬のようにはまっていく。息抜きは生きている中、頻繁に登場させないといけないことなので、この辺りの努力も必要です。

脳が何を求めるか、脳に任せればいいです。

そして、脳が興味ある話は、記憶しやすい、行動に移しやすいという特徴がありますのでさらに興味がでるわけです。

 

 

など、人の話題をまとめると、生きていくために必要になるものに関する話、子孫の話、そして、息抜きに食いつく話。人は生存に関わる話題、子孫を残す話題、そして脳が休む話題に一番食いつく。

お互いが求める話題はいい感じで噛み合えます。人間関係が充実します。人に好かれます。

脳が休む話題が生存に関わる話題になれれば理想的です。それ以外の話題は時間の無駄なので避けた方がいいです。

これも自分や相手をうまく突き動かす賢いメンタリズムです。

mentalism learning mail magezine