我々の脳が進化した理由、もっと進化させる方法


我々人間の脳がなぜこれだけ進化したのか。

他の生き物と同じ環境で同じ空気を吸って、同じ食べ物にありついて進化したのに他の生き物とまるで違う進化の仕方をしている。

人間の脳がここまで進化した理由について多くの学者がいろんな仮説を立てて研究している。

 

例えば、もともと力が弱かった人類は工夫するという手段に気づいたのが脳の進化に一番影響与えたという仮説。

確かに、工夫によって進化したという仮説は大いに賛成する。

 

そして、弱いながら狩るという行動をとることで栄養を補給し、生き延びたという流れになる。

食べ物の味、種類が一気に増えたことも影響したという研究家もいる。

草ばかり食べていた人型動物が肉や果物を食べるようになった。

 

そして、加工したり、調理して味を好みのものにしたり、又しても工夫をする力を鍛えた。

また、ジャガイモのようなテンプン質の食べ物を食べるようになったことが脳の発達に大きな影響を与えたという人もいる。でんぷん質の食べ物に含まれるグルコースという糖質が脳が好む栄養になり、進化を促したという仮説です。

科学者ではないが、もし、このような事実があればこれも大いに賛成する。

 

あとは、我々が好きなセックス、二足歩行も脳の進化を劇的に早めるきっかけになったという仮説もある。

これも精神的に大きな影響を与えるので納得です。

 

その進化の道のりは長いが劇的です。

 

我々の脳は、いろんな出来事や変化によってもたらされた成果物です。

 

でも、仮説は色々あるが一つにまとめるとすれば、我々の脳が進化した一番の要因は刺激です。

 

脳の進化は刺激によって促されたと言えます。

 

特に劇的な刺激が我々を進化させた。

 

刺激はいいですよ。

 

 

僕もある刺激的な出来事、体験によって一つ男になったという実感があります。

笑えるような笑えないような出来事なのですが、興味を引き、食いついてくることを期待しています。

 

 

その僕、大阪好きです。大阪住民でもありました。

 

賑やかで、活気溢れる素晴らしい町です。

 

人も頭の回転速くて気に入りです。

 

その町で僕のささやかだか衝撃的な進化が起きた。

 

去年の体験ですが、夜中、梅田を2周しました。

 

終電を見逃したのでホテル見つかるまでぶらぶらです。

 

酔ったサラリマンが鞄を抱いて熟睡している。

人が寝ているなと思ってスルーしました。

 

梅田、一周目、あのサラリーマンの服はあるが鞄が無くなった。

何だろうと深く考えずにまた、スルーした。

 

梅田、二周目、あのサラリーマンパンツはあるが服が無くなった。

 

これは、ヤバイと気づいた僕が三周目が怖くなり、ついに熟睡男を起こしました。

 

今まで、治安がとてもいいと信じ込んでいた町で犯罪が普通に自分の目の前に起きたんですよ。

 

もしかして、治安悪い?

起こさなかった自分が悪い?

信じきった熟睡男が悪い?

 

色んな思いが頭によぎりましたが、どっちもどっちです。

 

酔ったら外寝ない。

帰宅して妻、恋人、愛犬猫を抱いて寝る。枕もある。

 

帰宅して寝るのが原則です。

 

それより、意識して欲しいのは、今回のメインテーマ、刺激が脳の進化を促すというところです。

これは自信を持って言えます。

 

大阪でヤバイ体験をしたお陰で伸びた気がしたね。

ありえないと思い込んでいたことが実際にあった。脳の信号伝達回路が一つ増えた。

選択肢が一つ増えたことになるのでこれは大きな進化だと思っています。

 

体験は何より勉強になる。

 

死なない、怪我しない、ヤバイ問題に絡まれない限り悪い体験も悪くない。

どんな体験も引き出しの数になるので、体験、経験はできるだけ多くした方が我々を進化させる。

物事の比較対象が広がり、物事に対する姿勢、見る目、見える角度が変わる。

 

これは非常に大事なポイントです。体験、経験を意図的に増やそう。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です