臆病者が勝負に強い訳とは


臆病者は強い臆病者は勝負に強いです。

常識はずれの発言ですがその常識を覆す実例が一つあります。

自分、臆病すぎてなかなか行動に踏み出せないなと落ち込んでいる貴方に最高のインスピレーションになるので読み進めて頂きたい。

 

確かに、一般的に臆病者は弱い、何をやっても失敗する、そもそも失敗を恐れて何もやらないというイメージです。正直、そのような特質もある。

否定できない。

 

だってむやみに動くのは怖いんだから。

リスクが死ぬほど怖いし、自分を犠牲にするのも怖い。

失敗は絶対したくないから動かない方が安全です。

 

偉そうに言っていますが、臆病者代表の僕だから、このあたりはある程度わかる。笑

臆病者の気持ちはわかる。

 

でも、臆病者の弱点と言われる、怖がりこそが強みになる時がある。

いい言葉に変えれば、その怖さは、用心深さ、慎重さでもあります。不気味なものに怖いという気持ちは悪くない。時には、その選択肢しかないくらい賢い態度です。

 

こんな特性がある人は成功に近いと思っています。ただ、一つだけ条件がある。

この条件は大事ですが、この話は残しておいて、臆病者が成功する最高の実例を紹介します。

誰もが知るこの人物こそ、最強の臆病者です。

 

Microsoftの創業者のビル・ゲイツです。実は彼は臆病者です。

彼について、こんな話が有名です。

 

ハーバード大学に在学中にやりたいことが見つかったのでいても立ってもいられなくなり大学を中退してビジネスを起こした、そして誰もが知るWindowsを造り上げ、成功させた。

 

こんな話、聞いたことありませんか。

ビル・ゲイツは、怖物知らず、ガンガンいくビジネスパーソンだと。

 

正直、僕も彼のこんな成功ストーリーを聞いて、凄い勇気、覚悟、精神力、野心、自信だなと羨ましがっていました。

 

でも、実はこの話は、メディアが作ったデタラメだった。

 

本当は、大学を中退ではなく、休学していた。

起業に失敗したら、すぐ戻れるように学校側としっかり交渉して、確実にしてから起業を始めている。

 

しかも、ビル・ゲイツはお金持っていなかったので起動に乗るまで生活費は親に頼っている。

 

それでも生活不安だったのでパートタイムジョブもやっていたというエピソードもある。

真実は、あのカッコいい話と真逆の展開です。

 

さすが、ハーバード大生。全てを投げ捨ててまでリスクを起こさないはずです。

 

失敗しないように入念にチェックし、用心深く慎重に進めている。

 

ここで、臆病者が勝者になれる唯一の条件があることをお伝えします。

それは、継続力です。

 

ビル・ゲイツは色んなことに警戒しながら、慎重に行動は起こし、その行動を継続させている。

この継続力がなければ、臆病者は何もできない。

皆にバカにされるとんでもない臆病者のまま死ぬことになる。

 

行動なしの慎重さは機能しない慎重さです。

なんの役にも立たない。行動してこそ、慎重さの利点が活かされる。

 

結論の代わりに一つ、まとめておきますが、行動する臆病者は勝負に強いです。

成功に一番近い人です。こんな気がしますね。

 

でも、これでも臆病者は嫌だという人がいる。どの道を行くのかお任せします。

ドイツの作家、Charles Bukowski

の次の言葉を読んで判断してください。

 

お互いに、慎重に、地道に、警戒しながら、試行錯誤を繰り返しながら、観察しながら、粘り強く、前進していきましょう。

mentalism learning mail magezine

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です