男の自信を失わせること、自信をつける方法


自信をつける方法自信を失った男は弱いです。

下手したら、自信に満ち溢れた小学生にも負けちゃうかもしれない。

自信の無さは行動や発言、仕草、顔にも明確に出ますから誰が見ても直ぐばれます。

その結果、男そのものが、佐藤さんではなく、鈴木さんではなく、ジョージさんではなく、自信のない人という存在になってしまいますので危険です。(佐藤さん、鈴木さん、ジョージさん、すみません、仮名で使いました)

いち早く自分を取り戻した方がいいです。

そこでやるべき事は2つだけです。

  1. 自信を無くした原因を知る。
  2. 強くなる。

 

1. 自信をなくした原因を知る

自信を無くす原因は1つだけです。

それは、将来に対する不安ではなく、その不安から逃げる気持ちを持つことです。

不安から逃げる気持ちを持つこと。

プレッシャーに負けるという言い方も出来ますが結局自分に負けてしまっているだけです。

 

将来を知る人は誰もいないです。不安に思う気持ちは誰も同じ持っているが不安になったからといっていい方向に行ける訳もないです。

背負うのは確実に自分です。いいことも悪いことも自分次第です。

責任感も強く持つべきです。

 

では、不安へ弱い自分で立ち向かうか、強くなって立ち向かうか。

弱い自分はもちろん完敗しますので強くなった自分で立ち向かった方が勝ち目があります。

気をつけたいのは、弱い自分で負けると立ち直ることは難しい。自分は弱い、当然負けるという潜在意識が生まれるので、恐らく催眠術に頼るしか方法がなくなるでしょう。

強い自分で負けても悔しさ、勢いがあるのでチャレンジ精神がまだ残ります。

これは大きいな差です。

で、どうすれば将来への不安に押しつぶれること無く生き残れるのか。

2. 強くなる

強くなるには、やっぱり弱い自分を置き去りにする開き直る事が必要です。

自分に起きるいいことも、悪いことも全部受け入れて行動すれば物事を客観的に見れるようになるので行動に穴が少なくなります。決断力も上がるので正しい方向に進みやすくなります。

開き直ると勢いもつくので行動に力が出ます。強くなります。

周りの人に影響を与え、誘導することもできます。

 

弱い自分を許せる人はいません。

将来への不安とぶつかっていきましょう。成長もしますから、今感じる問題は余裕で解決できるようになります。

厳しい問題に立ち向かっていけばいつの間にかビッグな男になるでしょう。

頑張っていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です