苦い思い出を消す大胆な方法


苦い思い出を消す方法,苦い思い出過去の苦い思い出は、引きずらないでください。心にしまっておいてもろくなことないです。

さっさと、片つけましょう。

 

と、簡単に言うが、厄介なのは、悪い思い出はなかなか忘れられません。

理由は、自分を守る防御本能が働くからだそうです。

将来同じことが起きてもダメージを軽くしたい無意識が原因でどうしても悪い思い出は残すと学者達が言っている。

 

多分、そうだと思いますが、将来のダメージを予測してまで悪い思い出を残す意味は正直ないと思っています。

苦痛を与えるだけですので早い段階から心の中から消した方がいいです。

 

そこで、過去の苦い思い出を消す一番効果的な方法を一つ紹介します。消すと言うより、悪い思い出をいい思い出に置き換える魔法のような方法です。

 

その方法とは、過去の苦い思い出を無理矢理でも補正することです。

悪い思い出をいい思い出に補正しちゃってください。

 

例えば、過去の失敗体験。

当然、最悪な苦い思い出です。もう二度と思い出したくないかもしれないが、その失敗体験があったらから今があると補正できます。

あの大変な思いをしたからこそ、そのあと同じ失敗を繰り返さず、十分注意して生きてきたのもあり得ます。あのとき失敗しておかなかったら大事な時に大失敗しているかもしれない。

その時、失敗しておいてよかったと言うケースもたくさんある。

 

人に裏切られた苦い思いでもそうです。

二度と思い出したくないかもしれないが、そのときの経験で人のこともよく理解できた、そのあとの人間関係は慎重にやるようになったかもしれない。

自分を一つ成長させた出来事だと補正できます。

 

寝坊して遅刻したかもしれない。

裏を返せば、ちょっとでも長く睡眠とれたし、体にいいことしたと補正できます。

 

また、何か習い事するために借金したとします。

借金だけ考えればマイナスだが、そのお金は自己投資であって、いい使い方したと言うプラス思考で捉えることもできます。

借金までして勉強した僕は結構勉強熱心で意欲たっぷりあるからまだまだ伸びるよ、という思考で捉えることが出来ます。

自己投資は頑張るきっかけなので文句なしいいことです。

 

等々、苦い思い出も思考変えればプラス思考に変えられます。

補正しないでそのまま引きずっても、何の意味もありません。重い荷物になるだけです。邪魔物になるだけです。

 

思い出したら感情的になる記憶は良くありません。

本当に命に関わる出来事以外の記憶は無意味です。

と言うか、命に関わる苦い思い出も残しておいても無意味です。こんなレベルの警戒心は体の方が大体覚えているから、頭で考えてまた悩む必要はない気もします。

悪い思い出は、全部、自分の都合のいいように補正してしましょう。

悪いまましまっておいても、あとあと苦しむだけです。

 

さっさと、いい思い出に差し替えて、プラスに捉えていきましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です