ゆでガエルの理論(現代人こそ知るべき法則)


茹でガエルの理論の通り、カエルを熱湯に入れてみました。

そしたら、驚く結果になり、開いた口を5分ほど閉じられなくなりました。

 

 

しない、しない、しない。

メンタリズムラーニング・メルマガ

そんな残酷な事はしない。死ぬまでしないです。

自分の家族をかけて約束します:)

 

ま、すぐ知ったと思うが、ゆでガエルの話は結構有名です。

 

カエルは熱湯に入れると飛び跳ねて死なない。

しかし、カエルを水に入れて少しづつ加熱して行くと熱さの変化に気づかずに茹で上がってしまう。

 

というのが、茹でガエルの理論です。

 

実は、この茹でガエルの理論は作り話です。

 

アメリカのグレゴリー・ベイトソンという精神医学者が、ゆっくり変化する環境変動に対応する必要性、対応出来なければ痛い目に会う危険性をうったえるために考えたと言われている。

 

普通に考えて熱湯にカエルを入れて、その様子を理論にまで広げる最低な人はいないよね。

それに、普通に考えて熱湯に入れられたら飛び跳ねる前に死んでしまうでしょう。

水に入れて加熱すれば、もちろん水温の変化に気づいてバケツから飛び出すでしょう。

 

でも、不思議なのは、こんな当たり前の話にいい大人達が納得してしまう。

普通に考えて、これくらい分かる大人でも納得してうなずく位だから、何か思い当たるところあるからじゃないでしょうか。

茹でガエルの論理は、我々の人生に通用する。

 

つまり、我々は急激な環境変化を敏感に察知し、危機意識を持って自分に悪さが当たらないようにガード体勢を取れるが、スロー変化に対して感化が鈍く、その現象に慣れていく傾向がある。

そして、やっと危機を意識して対応しようとすると、慣れすぎているせいでやり方が分からない、やるべきタイミングが分からないまま失敗してしまう。

 

いかにも、我々の思考の本質を捉えた話ではありませんか。

 

例えば、質の低いサラリーマンがいる。

与えられた仕事を与えられたやり方でしかやらない。自分から積極的に動かない。

そして、家に帰ったらたくさん食べてゲームやって寝る。

進化しないですよね。

 

 

こんな人の思考と行動は完全に茹でガエルの理論に当てはまると思う。

 

 

仕事をやるのはこんなもんだと思い込んでいる、生活リズムはこんなもんだと思い込んでいる。

 

こんな人は、極端な話、明日から仕事こなくていいよ、という話になればもう終わりです。

仕事はこんなもんだと、生活はこんなもんだと認識しすぎて、その生活に慣れすぎているから当然対応が遅れる。

 

本来の自分を取り戻せるために、相当の努力が必要になる。

間違いなく苦労するでしょう。

 

このあたりを十分認識して頑張った方がいいと思いますね。

 

 

環境は変わるものです。

 

 

環境が変われば当然状況も変わるものです。

 

状況が変われば、やり方、振る舞い、考え方を変えなければならないです。

変化前に通用できていたやり方では、十分対応できるとは言い切れない。

 

感じ取れる範囲で環境変化を察知し、変わっていかなければいけないです。

 

将来への想像を膨らませなければならないと思いますね。

 

茹でガエルの理論は、我々人間の生き方にすごく通用する話でしょう。

ぜひ、茹でガエルの道を通らないように対応力をつけて、自分の力をいろんなことにチャレンジして行きましょう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です