視線に注目すれば心理状態が分かる


視線心理,視線視線に隠される心理を読み取る方法があります。

感情はまず目に現れます。具体的に言えば、それは視線です。

つまり、視線を観察すれば相手の感情や心理状態がわかるということです。

視線を通してせっかく有力情報が与えられているのに有効活用しないともったいないです。是非、今回紹介する視線から分かる心理を意識して相手と接してみてください。

視線を落とす

話中に視線を合わさない、顔を見てくれない、視線を落とす人がいます。

これは話に興味がない、聞きたくない、反対の意見を持っている、もしくはあなたのことがあまり好きじゃない証拠だと思って間違いないです。色々観察するが高い確率で的中します。

お互い認め合ってこそ生きた会話が可能になる。相手にコミュニケーションの重要性を伝える手段は視線を合わすことです。

口で賛成だと言っているが顔を上げなければ反対の感情がある証拠です。顔を上げない、目を合わさないことで反対感情がばれないようにしているのです。隠し事がある証拠だと思っていいと思います。

視線を左右に動かす

泳ぎ目とも言ったりする。

目の黒い部分を左右に動かすのは気持ちの焦りがある証拠です。

解決の糸口を頭の中で一所懸命探っているがなかなか見つけられずに焦っている状態です。左右に動かすスピードは焦りの度合いを示す。

ものすごく速くパチパチ動かしている場合はそれだけ焦っている証拠です。

視線を上げる

目の黒い部分を上にゆっくりと上げる仕草です。あおぎ目しくい目だと言ったりする。

何かを思い出そうとしているサインです。

目をゆっくり上げて瞬きもする。思い出せそうな時は瞬きが多くなる。誰にもじゃまして欲しくない、広い空間を見上げることで集中したいという気持ちの表れです。

ただ、目を上げるこの仕草は場合によって異なる意味合いを持つこともある。

例えば、みんなの前でプレゼンテーションをする時です。

プレゼンテーション開始直前まで下を向いたまま原稿をみていたり、人と目を合わさないようにして開始時にやっと顔を上げる人がいます。話す内容に自信がない、不安な気持ちの表れです。

相手はその仕草を見脱がさないので話す内容に根拠がない、信憑性がない、あまり準備していないので自信がないと感じてしまいます。

プレゼンテーション時はNGです。

このように視線にはいろんな心理が隠されている。

相手の感情を読み取る手がかりになるのでコミュニケーションの大事なツールです。相手の視線を意識しながらコミュニケーションをとれば色々感じ取れると思います。これも賢いメンタリズムです。

視線心理について NLP心理学ではアイパターンという概念があります。