視野を広げる方法(見えなかった物がどんどん見えるようになる)


視野を広げる方法どんな人にも視野が行き渡れない世界があると思うんですよ。

目を大きくあけても、眼鏡をつけても、顕微鏡で見ても全く見えない。

それが原因で失敗したり、チャンスを見逃したりと視野が狭いことによる損傷は大きいです。

メンタリズムラーニング・メルマガ

 

挙げ句の果てに、視野が狭いやつだとバカにされたり。

いろんな意味で悔しいですよね。

 

でも、安心してください。視野を広げる効果的な方法があります。

視野が確実に広くなり、世の中への理解が深まり、生き方により一層意味が加わると思います。

 

そこで、気にしてほしいのは解釈です。

実は、見えない世界、視野の狭さは、単純に解釈の違いが生む世界なんです。

 

解釈が見えない世界を生む。

 

 

我々は、自分の解釈の中で生きています。ものの理解は、我々の解釈にすぎないです。

解釈が変われば間違いなく見える世界も変わるはずです。

 

もし、見える世界を変えたければ、やっぱり解釈を変えるべきです。

そうしなければ、感じる事や理解の度合いが変わらない。

 

でも、解釈を変えるには何をすればいいのか。

 

やっぱり、考え方を変えなければ解釈は変わらないです。

 

考え方が変われば解釈が変わる。

 

 

我々の方向性を決めるのは、考え方(思考)です。

世の中を解釈する土台は、考え方なのでその土台が変わらなければ見える世界も変わらないです。

 

では、考え方を変えるにはどうすればいいのかという話になる。

 

 

やっぱり、考え方を変えるには、触れる世界を変えなければ何もならないです。

自分が関わる世界を変えるべきです。

それこそ、いつもの歩く道を変えるとか、食べ物を変えるとか、会う人を変えるとか、読む本を変えるとか、行く場所を変えるとかしない限り、考え方は変わらないです。

 

触れる世界が変われば考え方が変わる。

 

 

一つの変化が流れを一気に変えますからね。

触れる世界が広がれば、比較対象も広がり、ものの捉え方が自由になる。

考え方がフリーになる。

 

つまり、刺激が増せば、考え方が変わるという事です。

 

刺激が増えれば考え方が変わる。

 

カレーを食べてください。笑

でも、これは参考にするべき話で、インド料理の8割以上にスパイスが入っている。

スパイスが舌に刺激を与え、その刺激を脳が処理するという過程で脳の活性運動が止まらないという発表もあるそうです。

インド人は頭がいいとよく言われますよね。こんな影響も案外あるかもしれないですからね。

 

カレーの話は一旦置いておきます。

 

では、触れる世界を変えるにはどうすればいいのか。

 

よく寝ること。

よく食べること。

笑うこと。

 

ある意味、この3つ効果的な方法だと思うが、リアルにいえば、やっぱり、自分の行動を変えなければ触れる世界は変わらないです。

行動をしてください、ということです。

 

触れる世界は、行動で広がる。

 

 

状況を変えたい意欲とちょっとの積極さで行動が変わります。

簡単なことですから、すぐ実感できることでもある。

 

結局、視野を広げるには自分からの行動が一番効きます。

 

視野の広さと行動は直結する。

 

自分が行動しなければ、みる世界が変わらない、刺激をもらえない。

刺激で考え方が変わるので解釈も変わり、見える世界がまた一つ広がるというロジックになります。

 

色々話を無理矢理繋げましたが、全部を踏まえて視野を広げる一番大事なことはやっぱり習慣を変えることです。

 

となれば、それこそ、よく寝ること、よく食べること、よく笑うことではないでしょうか。

それがエネルギになり、行動換気を誘う。

 

結局、視野を広げるには、やっぱり、よく寝ること、食べること、笑うこと。

リフレッシュは大事です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です