一番言われたい言葉と言われたくない言葉、言われた時の正しい振舞い

言われたい言葉,言われたくない言葉

あなたが一番言われたい言葉は何ですか。そして、一番言われたくない言葉は何ですか。

色々頭に浮かべているところだと思いますが、これしかないです。

そして、そんなことを言われて、嫌味がさしたり、天狗にならないためにたらどうすればいいのか。

一番言われたい言葉と言われたくない言葉とは何だろうか。

僕が考えるのは、次の2つの言葉です。

  • 頭がいい
  • 頭が悪い

いかがでしょうか。人間ならでは、動揺する言葉でしょう。

実際に次のように言われたと想像してみてください。どんな気分ですか。

君、頭いいな。

これを言われたら最高に嬉しいですよね。

一部の人に照れや疑いの感情も生まれることがありますが、ほとんどの人が気分良く受け入れるでしょう。

では、次のように言われたらどんな気分だろうか。

君、頭悪いな。

や〜、言われたくないですね。相手が格闘家なら飛び膝を試したいですよね。笑

冗談なしに、かち〜んとくる人が多いと思います。普段親しみのある人だったら、フレンドリーさの現れだと思い込めるが、真剣に言われたら本当は嫌ですよね。

では、なぜ、頭悪い、頭いいというこの2つの言葉に敏感に反応するでしょうか。

その理由は単純で、我々人間は頭脳で生きているからです。

皆がとる行動は全て頭脳を基準としているからです。憧れも持っているからです。

勉強するにしても、仕事するにしても、片付けも、料理作りも、スポーツやっても、遊んでいても、話していても、こうやって書いていても、全部頭を使います。

そして、使い方によって、結果も変わってきますから、間違いなく、自分のことや周りの人のことをこの評価基準でみるようになる。

これが、頭がいい、頭が悪いと言われると敏感に受け取り、強い感情を抱く理由だと思います。

頭のいい、悪いは、人類に共通して存在する価値観です。

でも、基準が人によって様々なので、そんな評価に対して、いちいち感情的になり、揺れ動く必要性もないです。

自分の頭の良さをアピールしたいがためにムキになる必要性もないです。

周りの評価だけではなく、自分の自分への正直な評価も大切にするべきです。

周りがバカだと言っても、自分が頑張っていて、自分が違うんだと思うなら、そっちの方がよっぽど価値のある評価です。

そして、頭いい、悪いだけじゃなく、他の評価基準にも集点を置くことが大事です。

例えば、他人に対して思いやりのある行動をとるとか、健康意識を大事にして定期的に運動しているとか、伝えたいことが分かりやすく伝えられるとか、評価するところは沢山あります。

自分をアピールしたいのなら、他の人より優れていると思うところだけ強調すればいい。

こんな風に考え直してみれば、気分がだいぶ楽になったんじゃないかな。

これは回りを気にしない本来の有り様です。

自分の自分への評価こそが本物です。後は、自分に正直になれるかどうかです。

自分へのご褒美も忘れなく。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です