言葉の力、一言で印象が一変する


言葉の力,一言

言葉の力は大きい。一言で第一印象が一変することはよくある。以前、言葉が持つ力について最も説得力のある3つの言葉で紹介しました。特定の3つの言葉を使うだけで説得力が増すという話です。

今回は一言の重さと言葉の力を実感できる一例を紹介します。特に一発勝負のような自己紹介などの場面で気をつけなければならないことです。

心理学者のアッシュ氏とケリー氏がある実験を行っています。

実験の内容は、ある大学の授業を一日限りのブランク教授が教えるという設定です。教える授業の内容も教えるスタイルも全く一緒です。

学生達を2グループに分け、次のように「温かい」と「冷たい」という言葉が入れ替わった2種類の教授プロフィールをそれぞれのグループに事前に読ませておきます。授業は同じ教室で行われる。

温かいという表現使ったプロフィール:

ブランク教授は、MITの社会科学部の卒業生である。彼は、他の大学で3学期間、心理学を教えた経験あるがこの大学では講義するのは初めてです。ブランク氏は若干28歳ながら経験が豊かで結婚もしている。彼を知る人は温かくて、勤勉で、判断力や決断力がある人だと評価している。

冷たいという表現を使ったプロフィール:

ブランク教授は、MITの社会科学部の卒業生である。彼は、他の大学で3学期間、心理学を教えた経験あるがこの大学では講義するのは初めてです。ブランク氏は若干28歳ながら経験が豊かで結婚もしている。彼を知る人は冷たくて、勤勉で、判断力や決断力がある人だと評価している。

読んだ通り、プロフィールは温かいと冷たいという言葉だけが変わった同じ内容の紹介です。

ブランク氏の一日限りの授業が始まる。彼はいつものスタイルで授業を進めていきます。

そして、授業が終わったあと、学生達に教授を評価してもらったところ、温かいという表現をつかったプロフィールを読んでもらった学生達の方が新しい教授は打ち解けやすい、社交的で、ユーモアがあり親切な人の感じがするなど高評価した。

一方、冷たいという表現つかって紹介した学生達はブランク教授について普通の先生、印象に深く残ったことはないなど温かいという表現で紹介されたグループより好意的な評価をあまりありませんでした。

その評価が授業後に行われた討論でも現れた。温かいという表現で紹介されたグループの56%が討論に参加したのに対して、冷たいという表現で紹介されたグループの32%の学生しか討論に参加しませんでした。

同じ人が同じ授業内容を同じスタイルで教えたにも関わらず紹介文の一つの言葉が変わるだけで受ける印象がこんだけ違ってきたのです。

また、プロフィールのブランク氏に対する他人の評価のところでもう一つ注目点があります。それは、言葉の順番です。温かいという評価が先なのか、冷たいという評価が先なのかです。

実は、人の受ける印象は最初に使われた言葉で一回形成されてその後に来る言葉で肉付けされていく感じになる。

今回の例で言えば、評価の一言目である温かい、あるいは冷たいという評価で一旦印象が出来上がってしまうのでその後の勤勉や判断力あるなどの評価は深く印象に残らないということです。

新鮮な気持ちで聞き入れた最初の言葉の印象がより強く残るということです。なので、自分をアピールしたければ良い評価を受けるポイントを前の方に詰めた方が期待通りにいく可能性が高いです。