話が合わない人がいる決定的な理由とは、合わせちゃう方法


仲が悪いでもないのに話が合わない人、話しづらくて苦手意識を持つ人がいるのはなぜでしょうか。

その理由が分かれば円滑な人間関係を築けられると思いませんか。

 

今回は、どうしても話合わない人が居る理由とそういう人と話を合わせる方法を紹介します。

 

実は、話が合う人か、合わない人かは、感情表現をいかに言葉で伝えるかを観察すれば簡単にわかります。

 

話が分かりやすくなるので、次の絵を見てください。

 

自分がこの風景の中に散歩していると想像してください。

そして、貴方だったら、この風景から感じ取ったことを相手にどのように伝えるのか考えてみてください。

目から入る視覚情報を重視して緑豊かで綺麗な風景を強調して伝えますか。

あるいは、耳から入る聴覚情報を重視して静かさや自然の心地良い音を強調して伝えるか。

それとも、体で感じられる涼しさや空気が美味しいところを強調して伝えますか。

 

実は、外の世界の感じ方、受け取り方、伝え方には人によって個性がある。

視覚を中心に物事を感じ取る人がいれば、聴覚を中心に感じ取る人、他の感覚が敏感に周りを感じ取る人もいます。

 

上の絵の例で言えば、目から入る綺麗な風景が強く印象に残る人がいれば、耳から入る居心地の良い音を強く感じ取る人、風が涼しく感じたことが一番気に入る人がいるということです。

 

日頃出会う場面で解説すれば、視覚が鋭い人は話中に手で丸く円や三角などの形を描く仕草を見せたり、あるいは、話していることを物体に例えたりする。

 

それに対して、聴覚が優先される人は、仕事はテンポよくとか、◯◯と言うのは◯◯と言っているように聞こえるとか聞こえた事を強調して話す。

 

聴覚や視覚以外の感覚が優れている人は、例えば、血が凍るような怖さを感じたとか、感動して鳥肌が立ったとか体で感じたことを言葉で表現する。

実は、どうしても話が合わない人が出てくるのはこのような感じ方や伝え方に違いがあることが原因です。

 

例えば、聴覚を重視して物事を伝える人が視覚を重視する人に自分流で物事を伝えれば相手に分かりづらく感じられる。相手は視覚的に分かりやすい表現で話してほしいから。

そして、相手が理解に苦しむところは隠しても伝わるのでお互いに話しづらいという感情になってしまうわけです。

 

自分が重視する感覚以外の感覚は不得意なので当然ながら苦手意識も生まれてしまう。これが追い打ちをかけるように、より強く話が合わないという印象につながってしまう訳です。

 

では、どうすれば話を合わせることができるのか。

 

答えは一つです。

 

まず、相手の発言を観察して視覚情報に敏感なのか、聴覚情報に敏感なのか、それ以外の感覚に敏感なのか感情の特徴を把握する。

 

そして、同じ感覚に合わせれば相手に話が伝わりやすくなり、話が合わない人だと思われない。

好かれる人になるということです。

 

ちょっと無理やりではあるがいい関係を維持したいと思う人には意識してほしいところです。

 

実は進化形心理学と言われるNLP心理学では、人の感覚をすでに3つに分けてVAKシステムVAKモデルと呼ばれるものを開発しています。

視覚(Visual)、聴覚(Auditory)、身体感覚(Kinesthetic)の頭文字で作った名称です。

 

VAKモデルによれば、視覚優位な人なのか、聴覚優位な人なのか、身体感覚優位な人なのかそれぞれ特徴について明確にしています。

VAKモデルによる人を見抜く方法で詳しく書いたので合わせて読んでみてください。

 

人の感情について、メラビアンの法則で面白い事実を書いています。合わせて読んでみてください。

感情を見分ける決め手は何なのか知ることができます。