人類史上、最も説得力のある3つの言葉

説得力のある言葉

言葉の力は大きい。

何気ない一言でやる気が出たり、失われたり、落ち着いたり、緊張したり、信頼を得たり、壊したり、恋に落ちたり、失恋したり。

そこで、今回は、最も説得力のある3つの言葉を紹介する。相手の心に一番簡単で深く触れる言葉なので行動を促す効果が有る。

おそらく、人類史上最も影響力のある3つの言葉なんじゃないかな。

では、その人類史上、最も説得力のある3つの言葉とは何でしょうか。

ズバリ言います。

  1. なぜなら
  2. あなた
  3. 実は

では、それぞれの特徴、魅力、人を惹きつける理由について書く。

1. なぜなら

説得力のある1つ目の言葉は、「なぜなら」です。

つじつまがあった、論理的につながった話は説得力がある。

そして、説得力のある話には、相手を納得させる説明が不可欠です。そこで使う一番シンプルな言葉は、なぜならです。

なぜなら、人の発言一つ一つ、あるいは書いた文書一文一文は聞いている、読んでいる人にとって疑問だらけです。

なぜなら、自分が考えたわけでもなければ言葉の裏に隠された意図も分からない。自分の解釈だけに頼っているのでどこか不安を感じるのは当たり前です。

また、解釈がずれる可能性もあり得る。

それが、なぜならの説明を求める原因です。

〜なので〜であるため、も同じです。

ある心理学者がなぜならを使うか、使わないかで相手の反応がどのように変わるか調査している。

実験の内容は、コピー機を使っていいか自分より前にコピー機を使いに来た人に尋ねる時になぜならを使うか、使わないかで相手が自分より前にコピー機を使わせてくれるのか調査したものです。

一人目の人が次のようにたずねます。

すみません、5枚ページを印刷したいのですがコピー機を先に使わせてください。

実験結果、このような表現で尋ねた時は、いいですよと前に入れてくれる人は60%だった。

10人のうち6人が自分より前に入れてくれるとは今の所いい数字です。

では、次のようになぜなら理由をつけて尋ねると反応がどのように変わったのか。

すみません、今から会議があり急いでいるので5枚ページを先に印刷させてください。

このように急いでいる理由を述べるだけで前に入れてくれる人が94%に上昇した。

10人にたずねてほぼ全員が頼みを聞き入れてくれたことになる。

先ほどの60%と比較すれば明らかな差です。

では、次のように尋ねると反応がどうなるのか。

すみません、コピー機を使う必要があるので使わせてください。

このように尋ねると前に入れてくれた人が45%までに一気に落ちた。

上記の表現と同じようになぜなら理由を述べているが、強引すぎる態度で尋ねている。

人は強引な態度に抵抗感があるので、相手より自分を優先するのが妥当だと判断する人がほとんどという事です。

お尋ねことは理由を述べれば受け入れてくれる確率が上がる。

ただ、丁寧さを忘れてはいけません。

なぜなら、人は自分の行動に対して正当な理由を求めるからです。相手を行動させる理由を明確に伝えてあげれば相手も行動しやすくなる。

2. あなた

説得力がある2つ目の言葉は、「あなた」です。

考えてみてください。

次の3つの表現のどれに一番感心を持たれると思いますか。

  1. あなたのためになる◯◯
  2. 私のためになる◯◯
  3. 田中さんのためになる◯◯

例外なく1番目の自分のためになる話に釘付けになるでしょう。

人間は自分に一番感心を持っている。当たり前のことです。自分が一番可愛いです。当たり前です。

自分に関係あるニュースや自分に有益な情報だけフィルタリングしてそれ以外は関心なしです。

テレビ、インターネット、新聞、雑誌、本など全てのメディアがあなたをターゲットに事業をしている。

一番売れる本、一番視聴率の高いテレビ番組、読者数の多い新聞、雑誌、メールマガジンは感心を持つ人に有益な情報を与えるからこそお返しとして売れるという実績になる。

この世は、あなた中心に回っているのです。

皆がそう思っているから反発が起きる。

相手のことを考えずにいつも自分のことを話す人、自分に有益なことだけ押し付ける人は嫌われますよね。

あなたという言葉を大事に扱えば、愛情、利益、尊敬などポジティブ反応を促すが、間違えばその逆です。

あなたという単語は最もシンプルな単語の一つです。

シンプルな言葉にこれだけの説得力があるのです。どんな国のボカビュラリで一番影響ある言葉は、おそらくあなたでしょう。

人類が一番使っている言葉だからね。

3. 実は

説得力のある3つ目の言葉は、「実は」です。

みんな、真実が知りたいです。悪い人でさえ実じゃないことが嫌い。

そして、実はという表現には、物事の裏を示す意味がある。

なぜなら、人には知らないことを知る憧れ、そして、誰よりも早く、誰もが知らないことを知る願望があるからです。

その期待に触れる言葉が「実は」です。

実は、実はと同じくらい説得力の言葉がある。

正直に言うと、にも裏の真実を伝えるというニュアンスがあるので人を惹きつける効果がある。

正直な気持ちに親近感が湧くので信頼感を高める効果もある。

 

今回紹介した、3つの言葉、なぜなら、あなた、実は、はシンプルですが、伝えたいことが明確で分かりやすい。

そして相手が求める答えにすんなり入っていけるので、適切に使えば想像以上の説得力を発揮できる。是非日々の生活で意識して使ってみてください。

そして、相手の反応も観察してください。

手応えを感じられること間違いないと思います。これも相手の行動を促すメンタリズムです。

説得力を高めたいと思っている方は下記も合わせて読んでみてください。

人を説得する、納得させる強力な方法を紹介している。