雑談たぬきになろう


雑談たぬきになろう?

こんな雑談専用のウエブ掲示板があるようです。

ルールが1つ、基本的にV系(ビジュアル系)以外の雑談であればなんでもOK。

みんな仲良く雑談を交わそうというコミュニティーのようです。

では、なぜウエブ掲示板が出来るくらい雑談が大事にされるのか。雑談の良さはどこなのか。

ちょっと雑談について雑談してみます。

最近雑談で盛り上がりましたか。僕は肉食べないながら、焼肉で友人と後輩と盛り上がりました。

季節の話、天気の話、スポーツの話、食べ物の話、上司の話、煙の話、資格の話、今後の話、綺麗な女の子、経済の話、環境の話、子育ての話、自己成長の話など4時間くらい雑談しました。

お互いにとってさほど影響のない、関係のない、メリットもない話を終わらすとなぜか気持ちよく、充実感すら覚えていました。

そんな時はありますよね。特に飲み会になると酒も入り永遠と続けられてしまうでしょう。

では、なぜ人は雑談たぬきのような雑談掲示板を利用するまで雑談にはまるのか。発想を広げて雑談のメリットを考えてみます。

雑談は場の空気を和らげる

特に初対面の人と会う時やビジネス交渉の場になると空気が自然と重くなり、だんだん話も硬くなり、次第に思考力も落ちてくる。これはよくないことです。

このような場合は、まず雑談から入り、場の空気を和らげる必要があります。

ゆるい雑談には、人の心の防御姿勢を壊し、場の雰囲気を落ち着かせる、空気感を和らげる効果がある。

自分が緊張している状態と相手が防御姿勢を保つ環境はお互いにとってメリットはありません。

雑談で柔らかい空気を作ってから本題に入れば力を発揮できる。

雑談は説得効果がある

雑談で話が合えば、お互いの共通点を発見できる。次第に親近感がわくのでそのあとの話がお互いに有利に進められることが可能になる。

例えば、取引先の人と雑談していたら共通の趣味があることをわかって話が大変盛り上がり、今度飲みにでも行くことになったとします。全く赤の他人だった人から一気に友達領域に入るのでそのあとの商談にもいい影響を与える可能性が高くなる。

雑談には説得力を高める効果がある。

信頼関係を築き上げる

雑談は一見何の意味も、目的もない会話ですが、これこそ自分のありのままを周りに示すことができる効果的な手段です。

これによって親近感や友情が生まれるので信頼関係を築き上げることができる。

相手の本音、正直な性格もわかるので意気投合する人を簡単に見つけられるし、長く付き合える関係性を作ることができる。

また、自分に合わないと思った人から身を引くことも可能になる。

運が良ければ人生のパートナーと出会えるチャンスもある。

幅広い情報交換

雑談にはルールなんてありません。テーマも決まっていません。

その時その時頭に浮かんだ発想、思い、知識を伝え合い、意見を言い合う。自由という大きな特徴があります。

昨日の野球観戦の話から選手の話、選手の話から彼が乗っている車の話、車の話からメーカーの話、そして経済情勢の話、国策の話、私生活での影響の話、食べ物の話、美味しい店の話、健康や体調の話、運動の話、そしてスポーツジムで出会った人の話など雑談はどんどん繋がっていきます。

情報交換、情報収集の幅が非常に広いのです。

その話の中で普段自分が思いつけないような発想と出会うことも、知らないことを教えてもらうことも、自分が知っていることを教えることも可能です。

言ってみれば教育現場なのです。

など、雑に思いつくだけで雑談にはこんだけメリットがあります。

意味のない会話だと避ける人もいると思うが意味がないからこそ誰でも出来るという面もあります。

雑談にはゆるい会話の力で周りの人と心を通じ合わせるという大きいな目的があるんです。

それが雑談が秘める意味だと思います。

オーラのある人と言われる人たちを見ても雑談がうまいなという印象を受ける。

ただ、雑談は簡単そうで難しいと感じる人もいます。

会話が行き詰まってしまう、話題がない、広がらないなど悩みが挙げられる。

では、どうすれば雑談力が上がるでしょうか。

ツイッタや雑談のたぬき、有名な2ちゃんねるなどソーシャルサービスを活用することをお勧めします。

人々はどんな話題で盛り上がっているのか、今の流行りは何なのか、どんな切り口で話を進めれば反応があるのかなど簡単に知ることができる。

圧倒的な情報量なので自分が知りたいことなんでも知ることができるというメリットもある。

日頃使っている感想ですが、常に話題を持つようになる。

どんな人が来ても、どんな場面でも雑談のネタが常に用意されている状態なので話題に困ることありません。

もう一つ付け加えるとすれば朝のニュースをみることも雑談力をつける。ただ、事件、事故などマイナスなニュースより、明るいニュースを見るようにしましょう。明るい話の方が受けがいい。

人付き合いが上手な人、友達が多い人ほど雑談が多く、会話が弾む。意味のない話と思わずにメリットを意識して積極的に雑談をしましょう。